ニューヨークが振り返るM-1の歌ネタ「じつはダウンタウン浜田さんをいじるボケがあったんです」

4月26日(日)12時40分 文春オンライン

「1番に楽屋入りしろ」M-1王者とろサーモンの助言 ニューヨークは1時間前にテレ朝に着くが…… から続く


 史上最高と言われる2019年のM-1。なぜあれほどの“神回”になったのか。出場した漫才師の連続インタビューでその答えに迫っていく。


 トップバッターで歌ネタを披露したニューヨーク。「マッチングアプリが一番出会える」「PVのときの米津玄師みたい」など印象的なフレーズがあるが、じつはダウンタウンの浜ちゃんが出てくるボケのくだりを変更していたという。その理由とは?(全4回の3回目/ #1 、 #2 、 #4 へ)



昨年のM-1で1番手だったニューヨークの嶋佐和也(左、ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)


◆◆◆


なぜM-1決勝だけツッコミのセリフを変更したか?


——屋敷さんが立つ側からは、審査員が目に入るので、芸人さんの中には気にされる方もいますが。


屋敷 冷静だったんで、よく見えました。審査員の体の動きが小さかったので、あんまり笑ってないんやろなとか思いながらやってましたね。別に気にはしていませんでしたけど。


——審査員の礼二さんが屋敷さんの「イジワルなツッコミ」をもっと見たかったと言ったように、少しネタ中のセリフを変更したわけですよね。


屋敷 変えましたね。


——決勝ネタは、準決勝のときのネタと同じでしたが、準決勝のときもすでに変更していたのですか。


屋敷 いや、あのときは変えてません。決勝の数日前に過去のM-1を観ていて、変えた方がええんかなと思ったんで。


——過去、少なからず、言葉の選択が問題になったことがありました。たとえば、2018年は、ゆにばーすが「へどが出るわ!」と言って、オール巨人師匠に汚い言葉やから使わない方がいいとたしなめられました。ただ、ニューヨークの場合は、いろんな方が、なぜ変えたのかと疑問を持たれているようでした。


屋敷 まあ、結果論でしょうけど、全部。そら、最下位とったら、みんな言うでしょう。もし僕らが優勝していたら、変えたのが正解だったと言っていたと思いますよ。



——どなたかが、屋敷さんの「よだれ出して喜ぶわ」というツッコミが削られていたと話していましたが、もとはどの部分に入っていたのですか。



屋敷 「女子は、ラインが既読ならないとか(いう歌詞)に大喜びするから」というところですね。


——「よだれ出して喜ぶわ」の方が、確かにインパクトがあります。ただ、そのぶん、リスクもある。


嶋佐  もっとハイになれてたら、そういうセリフでも大爆笑を取れてたと思うんですけどね。


ダウンタウン浜田さんのくだりを削った理由


屋敷 でも、そういうゾーンに入るようなコンビって毎年、全10組のうち半分もいないでしょう。今大会で言えば、かまいたちさん、和牛さん、ミルクボーイさん、ぺこぱさんぐらいじゃないですか。あとは見取り図さんも、ちょっと入ってましたね。でも5組もいたということは、やっぱり神回だったんでしょうね。



——ちなみに、ラブソングのネタで浜ちゃん(浜田雅功)が出てくるくだりも変更したんですよね。


嶋佐 ああ、僕が米津玄師みたいな動きをするボケがあるんですけど、当初、あそこは浜田さんがボーカルをしていたH Jungle with tみたいな動きをしてたんです。でも、松本さんもいるし、寄せたと思われるのもあれかなと。


屋敷 あそこもめっちゃ迷ったな。めちゃウケるところなんですけど。浜ちゃんのボケを出すことで、減点はないにせよ、変な雰囲気になっても嫌だなと。ほんまは、自分たちがおもろいと信じていることを、そのままやればいいんですけどね。少なからず、M-1でこれはどうかなと考えちゃいましたね。


「すゑひろがりずさんを応援していた」


——トップバッターなので、暫定1位の席に座りましたが、2番手のかまいたち(660点)、3番手で敗者復活の和牛(652点)に抜かれ、あっという間に3位まで転落してしまいました。


屋敷 僕らに振られたら、どう噛みつくかしか考えてなかったですね。「(かまいたちの)濱家さんもツッコミながらちょっと笑ってたでしょ」とか。


——松本さん、笑うツッコミは好みじゃないと言っていましたが、そうなんですよね、みんなちょっとは笑ってますよね。そして4番手のすゑひろがりずにも抜かれてしまいました。



屋敷 むしろ、あそこは抜かれてよかった。抜かれる想定でしかコメントを考えていなかったので、ギリ残って振られたら困るなと。なので、すゑひろがりずさんを内心、応援してました。


——去り際も不貞腐れた風を貫かれ、芸人としては、笑いの神様・松本人志に腐されたという絶体絶命のピンチを何とか切り抜けたのではないですか。



嶋佐 そこはね、別によかったということはないですけど、まあ、そのことをいろんな方が触れてくれたんで、ありがたかったです。


——変えるべきところと、変えちゃいけないところ。M-1のお話をうかがっていると、そのバランスが本当に難しいですよね。


屋敷 今までは言葉が直接的過ぎたなという反省があったんです。なので、今回は歌にして、言葉もマイルドにして、初めて準決勝の壁を破った。でも、優しくしたぶん、お客さんに僕らの持ち味が伝わらなくなってしまった部分もある。


「それにしても点が低過ぎるな(笑)」


——知り合いは、幼稚園児の娘と見ていたらしいのですが、ニューヨークがいちばん喜んでいたと話していました。「れいせ〜い〜」って歌いながら、ずっと嶋佐さんの踊りを真似していたそうです。


屋敷 それ、よく言われるんです。友達の姪っ子も、めっちゃ喜んでくれてたみたいで。


嶋佐 SNSとかでも子どもが踊っている動画が流れてたらしいですね。それは嬉しいですね。



屋敷 10年やってて初めてですよ。子供に刺さったのは。そこはびっくりしました。それにしても点が低過ぎるな(笑)。


嶋佐 どうにかならないですかね。トップバッターを低めにつける、みたいな傾向。


屋敷 ただ、塙さんは91点やから。7人の審査員の中では最高点。もう、これからは塙さんだけ信じよう。


嶋佐 あとは……ダメだな(笑)。


——でも、毒のある屋敷さんをもっと見たいとあれだけ周りに言われると、今後のM-1は、また考えちゃいますよね。


屋敷 そうなんですよ。なので、それでスベったら、責任取ってくれよとは思ってます(笑)。言った人、みんな覚えているので。



(【続き】 ニューヨークが明かす「M-1は準決勝まで1円も入りません。決勝のギャラは……」  を読む)


写真=山元茂樹/文藝春秋



ニューヨーク/嶋佐和也(ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)のコンビ。嶋佐は1986年5月14日山梨県出身。屋敷は1986年3月1日三重県出身。東京NSC15期生で2010年結成。


M-1では2015年、18年に準々決勝、16年、17年に準決勝進出。19年に初の決勝で10位に。


YouTubeでニューヨーク Official Channel更新中( https://www.youtube.com/channel/UCS17iKEInkBuHkxtEcCnTTQ )



ニューヨークが明かす「M-1は準決勝まで1円も入りません。決勝のギャラは……」 へ続く



(中村 計)

文春オンライン

「ニューヨーク」をもっと詳しく

「ニューヨーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ