ウンナンの「未来日記」覚えてる? 福山雅治『桜坂』から20年、230万枚空前ヒット誕生秘話

4月26日(日)12時0分 文春オンライン

 2000年4月26日、ミュージシャンで俳優としても活躍する福山雅治(当時31歳)の15thシングル「桜坂」がリリースされた。いまからちょうど20年前のきょうのことだ。


 この曲は、TBS系のバラエティ番組『ウンナンのホントコ!』の人気シリーズの第5弾「未来日記V スケッチブック」の主題歌として2000年3月から2カ月間、番組の印象的なシーンで流された。このシリーズは、1組の男女が毎回、これから起こるできごとを記した脚本を渡され、それに従って行動しながら物語をつくっていくというもの。第5弾ではウッチャンナンチャン南原清隆による脚本をもとに、台湾人女性と日本人男性が言葉の壁をスケッチブックを介して乗り越え、最後には結ばれる。男女が最後の場面で会う場所として選んだのが、2人の思い出の地であり、主題歌で歌われた東京都大田区にある桜坂だった。



20年前、2000年4月26日にリリースされた福山雅治の「桜坂」


「好きな子にね、正直な気持ちを打ち明けられなかった」


 最終話では、福山が警官役でサプライズ出演し、桜坂で彼女を待つ青年にこんなふうに話しかけた。


《昔、俺、この近所に住んでて。ちょうど、何年くらいかなあ……2、3年住んでいたんだけど、結構いろいろ仕事とか忙しくて、好きな子とかにね、自分の正直な気持ちをちゃんと打ち明けられなかったことがあってね。また桜が咲くころにいつかここで会えたらいいななんて思って》



 福山が桜坂の近くに住んでいたのは、現在も所属する芸能事務所アミューズのオーディションに合格し、1990年にシングル「追憶の雨の中」で歌手デビューを果たしたあと、俳優としてもTBS系『あしたがあるから』(1991年)でドラマに初出演したころだという(※1)。



「桜坂はどこですか」地元は困惑も……


「桜坂」は、福山が「未来日記V」で青年相手に語ったような実体験を投影したものだった。同シングルの販売元であるユニバーサルビクター(現ユニバーサルミュージック)の当時の宣伝担当者は、福山の《デビュー10周年ということで、今までにないものにトライしようとの想いがあり、歌詞も“私小説”を書いてみようと。そしてでき上がった曲》と説明している(※2)。


「未来日記V」が放送されるや、テレビ局には「桜坂はどこですか」との問い合わせが殺到し、桜坂は一躍観光名所となる。番組中に出てきた坂にかかる陸橋には大勢のカップルなどが詰めかけたが、なかには問題を起こす者も現れた。周辺は住宅街にもかかわらず夜中に「桜坂」を歌う者や、ゴミを散らかしたままにする者もいて、地域の住民を困らせたという。橋の欄干も心ないファンによって落書きだらけになり、アミューズ側が塗り直し費用の提供を申し出たほどだった(※1)。



「裏声でささやくように……」230万枚ヒットの分析


 そんな狂騒のなか、「桜坂」は「未来日記V」が幕を閉じたあと、満を持してリリースされるや、たちまち大ヒットし、230万枚を売り上げた。現在にいたるまで福山にとって最大のヒット曲である。


 歌詞だけでなく、福山は歌唱においても新しい挑戦をしていた。地声と裏声の中間くらいの声域で歌ったのだ。これについて担当ディレクターの萬年里司は《裏声だと、隣でささやくように歌ってもらっていると錯覚するでしょ? このプライベート感覚が、現代人に受けたんでしょう》と、ヒットした理由を分析している(※3)。



 福山はこれより前、1995年から98年までの2年半、音楽活動をほぼ完全に休止している。それまでに「IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY」(1994年)、「HELLO」(1995年)と100万枚を超えるヒット曲をあいついで生み出しながら充電期間に入ったのは、周囲のスタッフとすれ違いが生じ、福山自身も精神的・肉体的に疲労を感じたためだった。1998年に活動を再開するにあたって彼は、《セールススケールは多少小さくなってもいい。でも、無理せず、自分にフィットした曲で一度、勝負したい》との目標を掲げ(※4)、試行錯誤を重ねる。富坂剛『福山雅治の肖像』には、彼が活動再開以来の“自分の音楽探し”の過程でひとつの形として結実させた作品こそ「桜坂」なのではないか、とある。《たとえば1日50個しか作らないけど、すぐ売り切れる饅頭屋、みたいな生き方がいいと思う》と自らを職人にたとえた福山だが、そんなふうに曲を1つひとつ丁寧につくり込む姿勢を見せるようになったのが、「桜坂」をつくったころだった(※4)。



福山自身は230万枚をどう思っていた?


 その福山は、「桜坂」が爆発的に売れている状況をどう見ていたのか。後年のインタビューでは、《リリースは確か全国ツアーの途中で、ものすごい勢いで世の中に広がっていっていることは感触としてありましたが、とはいえヒットシングルというのは一応それまでも経験しているので、ことさら特別な感情を持つことはなかったと思います》と語っている(※5)。しかし、当人の冷静さとは裏腹に周囲はかなり過熱していたらしい。



《あそこまで売れるとちょっとした現象みたいなものになっていくんですよね。当時よく覚えているのは、所属事務所のアミューズの会長がライブを観に来られて、終わった後に『よかったなあ、ビッグヒットが出て。こういう曲をやりながらツアーやっていると本当に気持ちいいだろう!』なんてことを言われたんですね。でも僕としてはいま話したようにそこまで特別な感情を持っていたわけではなかったので、これだけヒットするとこんな風に思われるんだ、見られるんだなと、周りのそうした盛り上がりをむしろ客観的に見ていたような気がします》(※5)


 自作のメガヒットにもけっして舞い上がらなかった福山は、その後も職人的な姿勢を崩さず、寡作ながら人々の心に残る曲をつくり続けている。ちなみに「未来日記」では、第3弾、第4弾と福山のアミューズの大先輩であるサザンオールスターズの「TSUNAMI」が使われ、やはり大ヒットとなり、2000年の日本レコード大賞も獲得している。



「桜坂」のあと、2003年には森山直太朗の「さくら(独唱)」がヒットし、その後も2005年にはケツメイシ「さくら」、コブクロ「桜」、2006年にはいきものがかり「SAKURA」、2007年にはアンジェラ・アキ「サクラ色」などという具合に、桜の花を通して人々の別れや出会いを歌った曲があいついで生まれている。「桜坂」は、桜ソングが盛んにつくられる端緒となった1曲でもあった。


※1 『女性セブン』2000年6月22日号

※2 『女性自身』2000年5月30日号

※3 『AERA』2000年7月17日号

※4  富坂剛『福山雅治の肖像 エンドレスファイト』(アールズ出版、2014年)

※5 『SWITCH』2015年8月号



(近藤 正高)

文春オンライン

「来日」をもっと詳しく

「来日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ