ニューヨークが明かす「M-1は準決勝まで1円も入りません。決勝のギャラは……」

4月26日(日)12時40分 文春オンライン

ニューヨークが振り返るM-1の歌ネタ「じつはダウンタウン浜田さんをいじるボケがあったんです」 から続く


 史上最高と言われる2019年のM-1。なぜあれほどの“神回”になったのか。出場した漫才師の連続インタビューでその答えに迫っていく。


 トップバッターで「最悪や!」発言をし、爪痕を残したニューヨーク。2人が初めて決勝に行って感じたという「M-1ファイナリストだけが見られる意外な光景」とは?(全4回の最終回/ #1 、 #2 、 #3 へ)



昨年のM-1で1番手だったニューヨークの嶋佐和也(左、ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)


◆◆◆


「本番中に上戸彩さんを見られたやつはいない」


——この前、初めて聞いたのですが、賞レースのときは、先輩でもあいさつしなくていいという暗黙の了解事項があるのですか。


屋敷 楽屋は一緒ですからね。出場者同士は会ったら、自然と、あいさつはしますよ。ただ、審査員の方にはあいさつはしませんね。みなさん大先輩なので、楽屋へ行って「今日はよろしくお願いします」って言った方がええんでしょうけど、そういうのは一切ありませんでした。そこは通常のバラエティ番組とは違うところですね。


——共演者ではなく、あくまで審査員という位置付けなわけですね。


屋敷 ただ、MCの上戸彩さんだけ、楽屋にあいさつに来てくれました。でも、本番中、上戸彩さんの姿を確認できたというやつは、ほとんどいませんでしたね。今田さんと審査員の方々しか目に入ってこない。だから、せめてエンディングのときくらいは上戸彩さんを見よう、って。ミルクボーイさんにおめでとうを言うより、上戸彩さんのことが気になってました。次、いつ見られるかわからないですから。



嶋佐 からし蓮根の伊織が言ってましたね。上戸彩さんのこと、エンディングでちゃんと見ておきましょうよ、って。


屋敷 だから僕、エンディングのときは上戸彩さんに1番近いところに陣取って、背中をずっと見てました。背中も美しかったです。今度は上戸彩さんとしゃべりたいな。審査員とか、今田さんじゃなくて(笑)。


嶋佐 それ、ありかな。


——収録が全部終ったあとは、みなさんそれぞれに飲み直したりしていたようですね。



「僕はさらば青春の光の森田さん家へ行きました」


嶋佐  僕はオズワルドの伊藤君に飲みましょうって言われたので、俺ん家で飲むか、と。コンビニで2、3缶ずつ買って帰ったんですけど、1本目の半分くらい飲んだらぐったり来ちゃって。その前にさんざん飲んでいたんで。もう飲めないなって言って、40分ぐらいで帰ってもらいました。


屋敷 僕はさらば青春の光の森田さん家へ行きました。森田さんは、トレンディエンジェルのたかしさんと何人かでM-1を観てたらしいんですよ。ちょっと来たらと言われて行きましたけど、ちょっとだけ居て、すぐ帰りました。



——少し時間が経ちましたが、決勝の舞台は、どんなものでしたか。


屋敷 もっと味わいたかったですね。一瞬で終わっちゃったんで。


嶋佐 最速で終わっちゃったんで。


屋敷 今思えば、M-1は、決勝進出を決めた瞬間がピークやったな。


LINEに100件くらいのメッセージ


——発表のときは、2人とも号泣していたそうですね。


嶋佐 ここ数年、準々決勝か準決勝でずっと負けてたんで。ずっとお世話になっていた囲碁将棋さんとダイタクさんに「おめでとう」って言ってもらった瞬間に……。


屋敷 一気に泣けてきました。


嶋佐 びっくりしたんですけど、涙がボロボロ出てきて。


屋敷 発表のあと、取材とかラジオの収録があるんで、会場からタクシーでテレビ局に移動するんですよ。各コンビにディレクターが1人ついてくれて。タクシーの中で、初めて携帯をいじれるんですけど、LINEに100件くらいメッセージが入っていました。


嶋佐 1番うれしい瞬間だったな。これまで仕事でお世話になった人とか、芸人仲間とか、地元の友達が送ってくれたお祝いコメントを1件1件見つつ。やっぱりM-1ってすごいんだと思いました。



叙々苑弁当が死ぬほど置いてあって……


屋敷 テレビ局に到着すると、真っ白な控室に叙々苑弁当が死ぬほど置いてあって、飲み物もめちゃくちゃあって。これがファイナリストだけが見られる光景なんや、と。


嶋佐 もう、夜中だったけどな。あんときが一番テンション上がってた気がします。決勝決まると、こんな世界が待ってるんだって。その日、仕事が全部終ったあとは、見取り図の盛山さんと、からし蓮根の青空君と、インディアンスの田渕さんの4人で飲みにいって。その飲みも楽しかったなー。人生で、いちばんの飲みだったかもしれない。俺、決勝行けるんだ、最高だなみたいな。


屋敷 次の日から、ネタどうしよ、ってめっちゃ悩んでましたけど。


嶋佐 確かに。


——M-1はやはり芸人の人生を変えてくれる舞台なわけですね。




屋敷 ただ、1つ、言わせてもらってもいいですか。準決勝のライブビューイング、全国、あれだけの会場でやって、しかも大盛況やったらしいんです。


嶋佐 あの金は、僕らにもちゃんと入ってくるのか。


屋敷 入ってこんやろ。入ってきてなかったもん。


嶋佐 ライブビューイングのぶん、ゼロ? やばいな。どこに行ったんだ、あれ。


屋敷 吉本はM-1で稼ぎ過ぎやろうという問題があるんですよ。



M-1準決勝までは0円、決勝のテレビギャラは……


——でも、M-1はあくまで大会で、自らエントリー料を払って出場しているので、出演料がないのが当然なんじゃないですか。「出演者」ではなく「出場者」なわけですから。その認識は間違っていますか。


屋敷 決勝はテレビギャラが入っていました。4万円かな。本番後の打ち上げの様子もギャオで配信されたので、そのぶんのギャラも2万円くらい入ってましたね。ただ、準決勝までは1円も入ってません。


——やはり、そういうもんなんですね。


嶋佐 問題ありだな、ライブビューイングは(笑)。


——M-1への感謝で締めるのではなく、最後も、そうやって噛みつく。そこが2人の魅力ですね。


屋敷 断トツのビリで、真面目にM-1のこと振り返ったら、カッコ悪いじゃないですか。


嶋佐 そら、こうなりますよ。


——でも、もともと他のコンビとは少し温度差がありますよね。


嶋佐 M-1にすべてをかけます、みたいなことは、あんまり言いたくない。M-1の前に芸人なんで。ヘラヘラしてたくてやってるんで。



写真=山元茂樹/文藝春秋



ニューヨーク/嶋佐和也(ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)のコンビ。嶋佐は1986年5月14日山梨県出身。屋敷は1986年3月1日三重県出身。東京NSC15期生で2010年結成。


M-1では2015年、18年に準々決勝、16年、17年に準決勝進出。19年に初の決勝で10位に。


YouTubeでニューヨーク Official Channel更新中( https://www.youtube.com/channel/UCS17iKEInkBuHkxtEcCnTTQ )




(中村 計)

文春オンライン

「ニューヨーク」をもっと詳しく

「ニューヨーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ