『恋は雨上がりのように』大泉洋、小松菜奈は「常に“ジャスティス”!」印象を告白

4月26日(木)20時6分 映画ランドNEWS

映画『恋は雨上がりのように』完成披露試写会が26日、都内・イイノホールにて行われ、キャストの小松菜奈大泉洋清野菜名磯村勇斗葉山奨之松本穂香、山本舞香、監督の永井聡が登壇した。


恋は雨上がりのように



大歓声で迎えられる中、大泉は「『洋ちゃん!洋ちゃん!』と、本当にありがとう!」と黄色い歓声に手を振り投げキッスで応え、会場を沸かせる。そんな大泉との共演に、小松は「本当に陽気で明るくて気さくで…足も長くて(笑)本当に面白くて、現場を楽しく賑やかにしてくれました!」とにっこり。ステージ上で足を長く見せようと奮闘する大泉の姿に、会場は笑いに包まれた。


恋は雨上がりのように


大泉は、小松の印象を「下手したら踏みつけられるような、ちょっと怖い印象はありました、『このクソもじゃもじゃ野郎が!』とか言われるような、そう覚悟していたんですが、正しい子なんです!常に“ジャスティス”!優しいし、居てすごく楽な方。ヒーリング効果があるんです。ヒーラーですね!」と告白した。


恋は雨上がりのように


小松は大泉に、役として5回も告白するようで、MCから「好きになりませんでしたか?」と小松に質問。「大泉洋さんは好きですよ!でも“そういう”好きじゃない(笑)人として好きです」と小松が明かすと、大泉は「ドキッとしてしまいました(笑)」と嬉しそうにしていた。


恋は雨上がりのように




原作は、累計発行部数175万部を突破し(2017年11月現在)、2018年1月からはフジテレビの「ノイタミナ」枠ほかにてアニメ化もされる眉月じゅん原作の人気漫画。陸上の夢を怪我で絶たれてしまった主人公の女子高生【あきら】が、冴えない45歳のファミレス店長【近藤】の優しさに触れ、恋に落ちるさまを描くラブストーリー。


主人公の女子高生【あきら】役に小松菜奈、冴えない45歳のファミレス店長【近藤】役に大泉洋が扮し、本作で初共演を果たす。共演に清野菜名、磯村勇斗、松本穂香、葉山奨之、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊らが名を連ねる。監督を『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』などで知られる永井聡が務める。


映画『恋は雨上がりのように』は5月25日(金)より全国東宝系にて公開


©2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「恋は雨上がりのように」をもっと詳しく

「恋は雨上がりのように」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ