『Vision』岩田剛典、河瀬組初参加を経て“顔つき”に変化 三代目JSBメンバーから「本当に森の人になってるよ」

4月26日(木)13時27分 映画ランドNEWS

映画『Vision』完成報告会見が26日、都内・ホテル雅叙園東京にて行われ、キャストの永瀬正敏夏木マリ岩田剛典、美波、監督の河瀬直美、ジャズピアニストで本作の音楽を担当する小曽根真が出席した。


Vision



神秘の森、奈良の吉野を舞台に全編奈良でのオールロケ撮影を行った本作は、世界中を旅しながら紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌがとあるリサーチのために吉野を訪れるところから物語が始まる。フランスの女性エッセイスト・ジャンヌ役のジュリエット・ビノシュ、吉野の山間で生活をしている山守の男・智役の永瀬正敏をはじめ、岩田剛典、美波、森山未來田中泯、夏木マリらが共演する。


Vision


河瀬組初参加となった岩田。俳優・岩田剛典にとって「永瀬さんが“河瀬メソッド”とおっしゃっていましたが、その洗礼を受けましたね。演じるということではなくて、“生きる・暮らす”というところで、衣装合わせの段階から夏木さんや森山未來さんがいらっしゃっても、(役との兼ね合いもあり)ご挨拶ができなかった」と振り返る。


Vision


続けて、永瀬との初対面時も「最初に俳優としてご挨拶させていただきたかったところなんですが、それも本番のカメラが回ってるところで『(お互い役として)“最初の初対面”を撮りたい』という監督の想いもあって…そういう瞬間を一番大事にされている監督なんだなと初日に理解しました」と明かす。


Vision


河瀬監督から、役作りのためクランクイン前に「1ヶ月くらい森に住んでくれ」とリクエストがあったようだが、岩田は「ツアー中だったので難しかった」と苦笑いを浮かべていた。さらに、撮影中に体調を崩してしまったことを告白し「ちょっと風邪ひいちゃって、下山した民宿をお借りしました。夏の撮影では夏木さんが泊まっていたところを、自分は冬に泊まらせてもらいました」と話した。


Vision


完成した作品を観て、岩田は「作品に対しての監督の徹底したこだわり方っていうのは、他の組には絶対にないこと。演じるのではなく、本当にその地に根付いて暮らす。そこを切り取る撮影手法は、ものすごく刺激的でしたね」と感慨深い様子だった。


Vision


河瀬監督が「(撮影を終え)帰って、三代目のメンバーに心配されたんだよね?」と明かすと、岩田は「そうですね(笑)顔つきや目つきが違ったみたいで、『本当に森の人になってるよ』って(笑)」と笑顔をのぞかせた。



映画『Vision』は6月8日(金)より全国公開


©2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「岩田剛典」をもっと詳しく

「岩田剛典」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ