【イケメン訪問記】ツッコミなしのキザな漫才「ぺこぱ」松陰寺太勇

4月26日(金)17時0分 ジェイタメ





M-1グランプリ2018準々決勝進出や、日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン おもしろ荘2019」優勝で、最近テレビでも露出の増えたお笑いコンビ「ぺこぱ」の松陰寺太勇とシュウペイ。芸風はシュウペイのボケを、キザな松陰寺がすべて受け入れ、誰もツッコまないちょっと変わった漫才だ。

結成は2008年、主に新宿や下北沢のライブに出演し、ファン層は20〜40歳代の女性、最近では松陰寺のローラーシューズで登場する件が小学生にウケ、ファミリー層にも人気。松陰寺はライブで芸人が登場する際、ただセンターマイクに向かって歩いて来るのが面白くないと感じ、スーパーで遊んでいる子供の靴を思い出し、「風になってセンターマイクを通り抜けよう」と思ったのがきっかけだと明かした。(取材場所:中野小劇場)









◎松陰寺太勇からメッセージ
「都内で出ているライブに来てくれれば、僕の風を君に届けるよ。是非ライブを見に来て欲しい、その時は僕が君の出待ちをしてもいいんだよ!どうもありがとう」

◎最近あったクレイジーな話
アルバイトでお酒の配達を渋谷や新宿にしているんですけど、朝早い時間、道玄坂の店への配達でシャッター上げて店内に入るんですけど、上げたつもりのシャッターが僕の“おでこ”の位置までしか上がっておらず、思いっきり頭をぶつけた! 道玄坂に響き渡るくらいの悲鳴をあげたが、ビールケースを持っていたので転ぶワケにもいかず、シャッターをブチ破り中まで入った。特に出血も無く、僕の頑丈さにクレイジーと思った。









◎松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)
ニックネーム・たいゆう/生年月日・1983年11月9日/血液型・O/ 出身地・山口県光市/担当・ボケの受け入れ/趣味・曲作り、ヒットしている曲は「松陰寺太勇2」ロックです/好きな女性のタイプ・「私なんでどうせ…」って言うネガティブな子/スマホに入っているお気に入りのアプリ・駐車の達人ってゲーム/愛用品・目薬と黒スパッツ(笑)。













ジェイタメ

「漫才」をもっと詳しく

「漫才」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ