「週刊文春」がベッキーからの手紙を掲載! 不倫を認め謝罪するも、懸念されるバッシングの再燃

4月26日(火)20時0分 LITERA

ベッキーオフィシャルウェブサイトより

写真を拡大

 ベッキーが不倫問題をスクープした「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じたらしい。ここ数日そんな情報がマスコミ界を駆け巡っていたが、やはり噂は本当だった。


 明日発売の「週刊文春」に6ページものベッキー特集が掲載されているのだが、その中で、ベッキーから「週刊文春」にあてた"手紙"が掲載されているのだという。


「週刊文春デジタル」の速報によれば(リンク)、手紙は「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長・相澤正久氏から手渡された、便箋5枚に及ぶもの。そこにはこんな思いが綴られていたという。


〈川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました〉


「週刊文春デジタル」にはこれだけしか紹介されていないが、手紙はもっといろいろなことが書かれているようだ。週刊誌関係者がこう語る。


「『週刊文春デジタル』が書いていたことだけでなく、川谷との関係が不倫であったとはっきり認め、会見で嘘をついたことや質疑応答がなかったことについても、謝罪しているようです」


 ベッキーが関係者に謝罪の手紙を書いているのは知っていたが、まさか自分の不倫を暴いて追い詰めた「文春」にまで、手紙を書くとは......さすが、誠実な性格で知られるベッキーと言うほかはない。


 しかし、残念ながら、この記事はベッキーにさらなる試練を与えることになるだろう。


 本サイトで何度も指摘してきたように、ベッキーに対するバッシングは異常とも言えるものだ。ベッキーと所属事務所サンミュージックは、他の大手事務所の芸能人に比べたらはるかに誠意ある対応をとってきたのに、芸能マスコミやネットは「とにかく不倫は許せない」の一点張り。その言葉尻をとらえ、すべてを悪意に解釈し、袋叩きにしてきた。今は沈静化しているが、今回の「文春」の手紙報道でバッシングが再燃するのは確実だろう。


「どうせ復帰狙いでこんな手紙を書いたのだろう」「川谷を切り捨てて自分を守ろうとしてる」などという悪口が噴き出すのは目に見えている。


 しかし、本サイトがサンミュージック関係者に取材したところ、ベッキーは、早期の復帰など、全く考えていないという。


 また、今回の手紙についても、ベッキーサイドが仕掛けたものでなく、2カ月前から「週刊文春」がかなりしつこくオファーしていた結果だった。


「『文春』サイドからのインタビューのオファーをずっと断り続けていたので、申し訳ないという気持ちから書いたようです。事務所関係者は止めたらしいのですが、最低限の対応はしたいとベッキーが押し切ったと聞いています」(サンミュージック関係者)


 また、〈川谷さんへの気持ちはもうありません〉と手紙に書いたのも、復帰のためにということでなく、かなり早い段階できっぱりと縁を切ったらしい。


「今回の『文春』記事は、ベッキーの手紙以外に独自取材しているのですが、そこにも川谷のほうが未練たらたらで、着信拒否されたことなども暴露されているようです」(前出・週刊誌関係者)


 しかし、ここまで不倫を反省し、マスコミに誠実に対応しても、ベッキーはおそらくまだまだ叩かれ続けるだろう。芸能マスコミの弱いものいじめ体質とネットに吹き荒れる道徳ファシズムはどうにかならないものなのだろうか。
(林グンマ)


LITERA

「週刊文春」をもっと詳しく

「週刊文春」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ