「一人だけ水着がおかしい」金子智美、過激オフショットで横乳と下乳が丸出し状態に

4月26日(木)16時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの金子智美(28)が、発売中の「週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊GW2018」(集英社)に登場。自身のSNSで「一人だけ水着がおかしい」という極小ビキニをまとったオフショットを公開し、チャームポイントの“まん丸乳”を大胆露出した姿に男性ファンが沸き立っている。


 同誌では「平成元年生まれグラドル座談会」と題し、平成元年生まれの金子、殿倉恵未(28)、秦瑞穂(28)の3人が登場。来年5月に元号が変わって「平成」が終わりになる大きな節目を前に、いわゆる「初代ゆとり世代」と呼ばれる自分たちの世代などに関して語り合っている。


 同記事には3人のビキニ競演ショットが掲載。金子は26日付の自身のTwitterで「本日発売の週刊プレイボーイ増刊号に掲載されております! 1人だけ水着がおかしいのですぐわかるはず(笑)」と告知しながらオフショットを公開した。


 殿倉と秦のビキニも横乳や下乳がチラリした大胆なデザインなのだが、金子はバストのほとんどが露出した極小ビキニ。「まん丸乳」の形がモロ分かりの過激なデザインで、バストトップ以外は丸出し状態だ。まさに彼女の言葉通りに「一人だけ水着がおかしい」という状況になっている。


 金子は2007年にAKB48の研究生メンバーとして芸能界入り。しかし、半年足らずでAKB48の活動を辞退し、2014年にグラビアアイドルに転向。「漫画アクション」(双葉社)主催のオーディション『ミスアクション2017』でグランプリを獲得し、スリーサイズ上からB89・W58・H85という抜群のプロポーションと過激な露出でぐんぐんとファンを増やしているグラビア界の注目株となった。


 そんな彼女の最大のチャープポイントは、自ら「日本一美しいおっぱい(自称)」と呼んでいるまん丸のFカップ美巨乳。「まん丸乳は出してこそ!」をモットーに活動しており、その脱ぎっぷりの良さは業界でも屈指と評判だ。今回のグラビアでも「出してこそ!」の攻めの姿勢を存分に発揮したといえそうである。


 金子はSNSでニプレス状態の極小ビキニや超ハイレグ水着をまとった写真などを公開し、撮影会やイメージDVDでも大胆すぎる露出を敢行。あまりの水着の過激さに「もう着ても着なくても同じでは」との声まで上がるほどだが、金子は「見えそうで見えないのがいいんだよ。ポロリしちゃうんじゃ?ってハラハラするのがいいんだよ!(笑)」と自身のグラビア観を明かしている。今後も「見えそうで見えない」という限界ギリギリのラインで攻めまくってくれそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「水着」をもっと詳しく

「水着」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ