乃木坂46白石麻衣、生駒里奈の耳元でささやいた言葉とは? 卒コン秘話

4月26日(木)16時12分 マイナビニュース

アイドルグループ・乃木坂46の桜井玲香、白石麻衣松村沙友理が、25日深夜に放送されたニッポン放送の特番『乃木坂46のオールナイトニッポン』(25:00〜)に出演し、22日に行われた生駒里奈の卒業コンサートについて話した。

20thシングル「シンクロニシティ」のリリースを記念した同特番。リスナーからの「3人にとって生駒ちゃんはどんな存在ですか?」という質問が寄せられると、3人はまず、「本当にいいライブだったよね」「めっちゃいいライブだった」などとコンサートを振り返った。

桜井は「1から10まで全部生駒が意見を出してプロデュースしてやったライブ。私は『制服のマネキン』が本当につらかったんだよね」と告白。「『制服のマネキン』って生駒の曲じゃん。すごいたくさん歌ってきた曲だし、生駒がセンターで歌うのが最後なんだって思ったらもう私、歌えなかった。苦しかった」と打ち明けた。

すると松村は、桜井がコンサートで「私、本当に落ち込んでるの」「生駒ちゃんが卒業するのが本当に寂しいの」「つらすぎて落ち込んでいた」と吐露していたことを明かし、「今までのライブで聞いたことない感じの落ち込み方だった」と話した。

また、メンバーが生駒に花を贈る際に、白石が生駒の耳元で何を話していたのか教えてほしいという要望も寄せられ、「えーそれは2人だけの秘密だよー」と白石。それでも、松村からも「お願い」と言われると、「『ありがとう』的なことをさらっと伝えたよって感じでした。寂しくなっちゃうのも嫌だからさらっと、はい、ギュッ、みたいな」と明かし、「あーん、あーん」と思い出してしんみりとしていた。

マイナビニュース

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ