『奴隷区』、ロリータ・パンク・コスプレ専門店「BODYLINE」とコラボ

4月26日(木)0時17分 マイナビニュース

2018年4月より放送開始となったTVアニメ『奴隷区 The Animation』と、世界最大級のロリータ・パンク・コスプレ専門店「BODYLINE」のコラボが決定した。

BODYLINEはチャイナ服やゴスロリ・パンクという、他にはない商品を扱うブランドとして2000年代に創業し、原宿の竹下通りや大阪のアメリカ村・心斎橋筋といった若者文化の中心地で支持を獲得。その後、当時日本では個人の趣味であった"コスプレ"にいち早く注目。セーラー服・メイド服を中心とした定番商品から小悪魔やナースといったハロウィン商品まで幅広くコスプレを扱うブランドとしての認知を拡大し、数々のアイドル・女優・声優・コスプレイヤーがコスプレをする際の定番ブランドにまで成長。現在はコスプレに留まらない衣裳文化を世の中に提供することを目標としている。

今回のコラボにあわせて、「BODYLINE」のカラフルセーラーを着た、エイア、ジュリア、アヤカが描かれたビジュアルが、全国のドン・キホーテのカラフルセーラーコーナーにて掲出されているので、こちらもチェックしておきたい。

TVアニメ『奴隷区 The Animation』は、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)オオイシヒロト 岡田伸一/双葉社・エブリスタ
(C)「奴隷区The Animation」製作委員会

マイナビニュース

「奴隷」をもっと詳しく

「奴隷」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ