23年間会話ない夫婦に大反響、「ナイトスクープ」“神回”の声も。

4月26日(金)16時13分 ナリナリドットコム

4月5日、関西の人気バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)で放送されたある“依頼”が、大きな反響を呼んでいる。“依頼”の内容は「10年以上口をきいていない父と母」。番組が進む中で、会話をしていない期間は23年間に上ることが明らかになるのだが、この放送回がほかの地域でも遅れて放送されると、そのたびにTwitterやFacebookなどで「感動した」との声が次々と上がっているようだ。

“依頼”の内容はこうだ。奈良県に住む18歳の男性の両親は、すでに10年以上会話をしていないという。自身が物心ついたときには会話をしておらず、両親が話している姿を見たことがない。母→父(※母が一方的に話し、父は無視)、父→子(※楽しそうに話す)の会話はあるのに、父→母の会話はおろか返事ひとつない謎を解明して欲しい——という依頼だ。

担当の探偵はお笑い芸人の竹山隆範。竹山は依頼者の男性と、2人の姉、母、父それぞれに話を聞き、なぜそうした事態に陥ったまま23年間もの月日が流れたのかを解明していくが、父の口から語られた“会話をしない理由”は、意外なものだった——。

5日の放送後から、ネットでは「感動した」「すごく良かった」「泣いたけど笑った」「こんな夫婦実際にいるのか」といった声が続々。そして、「ナイトスクープはやっぱり神番組」「これ間違いなく神回だろ」と、番組への絶賛も相次いでいる。

ナリナリドットコム

「夫婦」をもっと詳しく

「夫婦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ