ポール・マッカートニー、大熱狂の武道館で日本ツアーがスタート

4月26日(水)16時0分 OKMusic

4月25日@東京・日本武道館 (OKMusic)

写真を拡大

4月25日(火)、ポール・マッカートニーの来日公演が東京・日本武道館で行なわれた。

定刻の18:30を30分ほど過ぎた19:03に会場が暗転し、ポール・マッカートニーがベースギターを抱えてステージに登場。手を振って武道館を満杯に埋めた1万1千人のファンの歓声に応えた。

「A Hard Day's Night」で幕を開け、「Jet」を演奏すると、“コンバンワ、ニッポン。コンバンワ、トウキョウ。コンバンワ、ブドウカーン”と日本語で挨拶。ビートルズ、ウイングス、ソロの各楽曲を、ベース、エレキギター、アコースティックギター、ピアノ、キーボードと演奏楽器を次々に変えて披露した。

アコースティックギターで「We Can Work It Out」を聴かせたあと、“ずっと昔の話。ビートルズがこの場所で演奏した。素晴らしいこと。”と話し、続けて日本語で“ツギハ、ビートルズ、ハツレコーディング”と曲を紹介し、「In Spite Of All The Danger」を演奏。“ザ・ビートルズ”と日本語風に発音するのがお気に入りのようで、何度か“ザ・ビートルズ”と繰り返し、1962年に本国イギリスで発売された1stシングルの「Love Me Do」を披露。さらにアコースティックギター1本で「Blackbird」、“ジョンニササゲマス”と「Here Today」を続けて披露すると大喝采を浴び、コンサートのハイライトのひとつとなった。

“コノキョクハ、ニホンハツコウカイ”とサプライズで演奏したのは「I Wanna Be Your Man」。「彼氏になりたい」の日本題でも知られる同曲は、ポール・マッカートニーとジョン・レノンの2人がローリング・ストーンズに提供し、ストーンズの2枚目のシングルとして1963年に発表された曲である。1966年のビートルズの日本公演では、リンゴ・スターのヴォーカルで演奏されている。

「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」を“サージェント・ペパーズ・アルバムからの曲です”と紹介し、今年リリースから50周年を迎え、5月26日に「50周年記念エディション」が発売されるロックの金字塔『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』についても言及した。

「Live And Let Die」ではステージ上の爆発、火炎放射器の熱が武道館のアリーナの後方まで届き、続く「Hey Jude」で本編終了。アンコールは「Yesterday」からの3曲で、2時間に及ぶショーのフィナーレとなった。

ポールの来日公演は1990年、1993年、2002年、2013年、2015年に次いで今回が6度目。1966年のザ・ビートルズでの来日公演を加えると、7回目の来日公演となる。

また4月27日(木)、29日(土)、30日(日)には東京ドームでライヴを開催。4月29日(土)は記念すべきポールの通算20回目の東京ドーム公演になる。ぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

photo by 堀田芳香

【セットリスト】

A Hard Day's Night
Jet
Drive My Car
Junior's Farm
Let Me Roll It
I've Got A Feeling
My Valentine
1985
Maybe I'm Amazed
We Can Work It Out
Every Night
In Spite Of All The Danger
Love Me Do
Blackbird
Here Today
Queenie Eye
Lady Madonna
I Wanna Be Your Man
Magical Mystery Tour
Being For The Benefit Of Mr. Kite!
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) Back In The U.S.S.R.
Let It Be
Live And Let Die
Hey Jude
<アンコール>
Yesterday
Hi, Hi, Hi
Golden Slumbers
Carry That Weight
The End

「ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」

4月27日(木) 東京 東京ドーム
4月29日(土) 東京 東京ドーム
4月30日(日) 東京 東京ドーム

OKMusic

「ポール・マッカートニー」をもっと詳しく

「ポール・マッカートニー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ