齋藤彩夏、爆笑問題・太田とモノマネ“競演” アニメ声で「齋藤さんだぞ!」

4月26日(金)12時40分 オリコン

太田光とモノマネ“競演”うぃた齋藤彩夏(右) (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 声優の斎藤彩夏、俳優の渡辺いっけい、爆笑問題太田光が26日、都内で行われた『東映まんがまつり』初日舞台挨拶に登壇。『映画 おしりたんてい カレーなる 事件』でアルパチの声優を務めた太田が“さいとう”にちなみトレンディエンジェル・斎藤司の「斎藤さんだぞ!」ネタを見せると、齋藤も空気を読んで「齋藤さんだぞ!」とアニメ声で照れながら披露していた。

イベント初日を迎えブラウンの声優を務めた齋藤が挨拶をすると、太田が「ブラウンちゃんね、最後殉職しますから」と冗談を飛ばし、齋藤は「もうちょっと生きたいです」と思わず嘆いた。

 また、29年ぶりに復活した『東映まんがまつり』について齋藤は「母が毎年楽しみにしていたので、今回一緒に観るのが楽しみです」と語った。太田は、齋藤の母親が同世代とわかると「あの人か〜」と知り合いに扮して話そうとするも、すかさず渡辺に「やめなさい」と制止された。

 『東映まんがまつり』は、1967年3月に始まり、東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ。今回上映されるラインナップは『おしりたんてい』、『爆釣バーハンター』、『うちの3姉妹』、『りさいくるずー』の4本立て。きょう26日から全国ロードショー。

オリコン

「爆笑問題」をもっと詳しく

「爆笑問題」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ