ノンスタ井上、クロちゃんのおかげで“嫌われ芸人”脱却?「楽しい人生を送っています」

4月26日(金)19時4分 オリコン

著書『SNSをポジティヴに楽しむための30の習慣』出版記念サイン会を開催したNON STYLE・井上裕介(C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 お笑いコンビ・NON STYLE井上裕介が26日、都内で著書『SNSをポジティヴに楽しむための30の習慣』出版記念サイン会を開催。最近、自身の立ち位置が変化しているといい「2〜3年前は嫌われ者だったのですが、最近はクロちゃんナダルがそのツートップで走っているので、分散していますね」と笑顔で明かした。

 新たな“嫌われ芸人”の台頭に焦りがあると思いきや「さみしいとかはないです(笑)。別にクロちゃんとナダルもそんなつもりでやってないでしょうけど」とにっこり。「3〜4年前くらいまでは、例えば上半身裸の写真とか僕しかやってなかったのが、気付いたら今はクロちゃんが毎日やっているでしょ(笑)。僕の中では、誰かにまねされるようになったらやめようと思っています。オンリーワンでやるのが好きなので、クロちゃんが一手に引き受けてくれているので、楽しい人生を送っています」と感謝の気持ちを伝えた。

 同書は、井上が手がける「ポジティヴ」シリーズ第5弾で、今回のテーマはSNS。「日常生活に切っても切れないものになっているSNSですが、傷ついている人、気持ちの重きをおきすぎて、現実生活を楽しめない人もいるような気がしたので、もうちょっと客観的に見直してみませんかという思いで書きました」と意図を語った。

 SNSでの誹謗中傷も多いというが「僕は、SNSで何を言われても傷つかないです。楽しむものでもあるし、みんながハッピーな方がいいと思う。そこの言葉には熱量がないので。落ち込んだ気持ちを次の日に持ち込まないという風にしています」ときっぱり。「一番きつい悪口は、ツイッターの上限140文字全部使って、70個『死ね』という文字がきた時ですね。それに対して『この文章を打っている間に誰かにやさしくできますよ』と返したら、そこから徐々に広がって…。できる限り、ポジティブな人が増えたほうが世の中がハッピーになると思いますね」と呼びかけていた。

オリコン

「クロ」をもっと詳しく

「クロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ