芹澤優、“水着姿”需要不安視も三森すずこ太鼓判 「小粋な“みもりんギャグ”言われた」

4月26日(金)19時0分 オリコン

“水着姿”に需要不安視していた芹澤優 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 声優の芹澤優(24)が26日、東京・アニメイト秋葉原本館で行われた2nd写真集『すきぴ』(白夜書房)発売記念イベントを開催した。

 今年1月にグアムで撮影された同写真集は、「等身大の芹澤優」がテーマ。本人史上最高なセクシー姿や、家族と相談したという水着にも挑戦し、帯文には尊敬する声優・三森すずこから推薦コメントが寄せられている。

 今回の見どころの一つである水着について「正直、私は『ナイスバディ』な感じじゃないので、着たい気持ちと、着て需要あるんだろうかという気持ちがあった」と複雑な心境を告白。

 続けて「i☆Risで6人誰も着ていなかったし、私の中でも『アイドルの写真集と言えば水着だろ』と。声優さんの中では水着を着ない方はいるのですが、アイドルは『水着になるのが写真集の鉄則』という考えがあった。なので今回、写真集を出す上で水着(挑戦)は決まっていました」と、声優だけでなくアイドルして活躍する自身の考えが“水着”に込められていたと熱弁した。

 家族に箱入り娘として育てられてきたという芹澤。「どこまでお父さんが許してくれるのか…、お父さんと相談しました」と水着になるのは困難があったそうで「結果は『背中はいいよ』という許しを得たので背中が出ています!」とにっこり。

 そんな自身の水着写真を見て「意外と(胸が)あるなと!」と興奮。「腰から脚のラインが結構好きで、鎖骨とウェストラインが好き。脚のショットが写真集にたくさんあって、太ももラインは自身で良いなと思います」と自画自賛していた。

 帯文には三森がコメントを寄与しており「贅沢なお願いをできる仲になったのは、この一年くらい。写真集を見てみもりんは『かわいい』『これは良いものだ』と言ってくれました」と太鼓判を押されたという。「アイスを食べているシーンがあるのですが、食べ方がへたなので『写真集は“すきぴ”だけと、アイス食べるのは“へたぴ”だね』と小粋なギャグを言って、みもりんギャグだと思いました」と笑わせた。

オリコン

「水着」をもっと詳しく

「水着」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ