SNSで「泣ける」と大反響! NHKみんなのうた「キミと歯のうた」が書籍化! 絵本『キミとはのうた』発売中!

4月26日(月)15時8分 Rooftop

unnamed.png

株式会社KADOKAWAは、 『キミとはのうた』を2021年4月26日に発売。 本作は、 平山カンタロウのソロ歌手デビュー作である、 NHKみんなのうた「キミと歯のうた」の歌詞をなぞった物語。

本作は、 NHKみんなのうたのTV放映でも親しまれた歌詞・イラストを使用しており、 「僕」こと乳歯が子供の成長を見守りながらも、 いずれは永久歯に生え変わり別れることになる、 親心にも似た切ない物語。 原曲に関しては、 当時SNSで小さな子供を持つ母親や歯科学生など幅広く「このうた泣ける」「歌詞が良くてウルってきた」「子供に見せたい」と話題になり、 昨秋には「日本小児歯科学会」の推薦曲に選ばれた。

著者・平山カンタロウ コメント

"「キミと歯のうた」を絵本にしたい。 "初めてその話をいただいた時、 こんなに素敵な事はないと思いました。 NHKみんなのうたで、 たくさんの嬉しい反応をいただき、 そんな皆様にまたこのストーリーと、 坂井真さんが描いてくださった"キミ"と"歯"たちの愛しいキャラクターを、 絵本として手にとれる形でお届けできる。 本当に有り難く思います。 絵本化に動いてくださったKADOKAWAさん、 NHKさん、 ドリーミュージックに心より感謝してます。 親子で、 時にはお父さんお母さんだけでお子様を思いながらひっそりと…楽しんでいただけたら嬉しいです。

絵本担当編集 コメント

毎朝、 5歳の娘の髪を結う頃に流れているNHKみんなのうた。 そこで初めて聴いた「キミと歯のうた」の優しい歌声と歌詞、 そしてキュートな乳歯くんの姿に惹かれ、 「どうせ幼稚園遅刻だし」としばらく観ていました。 「歯医者行かないとね」なんて言いながら。 それが何故でしょう、 曲の途中から、 すうっと乳歯くんが私になったのです。 びっくりしました。 いつもどこか頭の片隅にあるのだけれど、 忙しさと寂しさで奥の方に押し込んでいること。 それを乳歯くん(平山さん)が素敵な声で歌ってくれていました。 もはや乳歯くんからバトンタッチをする大人の歯が、 娘の未来の結婚相手に見えてくる始末。 末期症状です。 大号泣する母親に、 娘もひどく心配していました。 これほどに心に響く歌は、 本にして、 ぜひ皆に読んでもらわねば!! そう思い、 普段なかなか仕事をしないエコな私ですが、 この時ばかりはNHKさまに電話で突撃。 平山さまを始め皆さまにご快諾いただき、 大変感謝しております。 ご家族で安心して、 ニコニコ読んで歌って、 時にはジーンとして貰えるような絵本になっていますように!

Rooftop

「みんなのうた」をもっと詳しく

「みんなのうた」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ