希望見いだせぬ関西放送文化 救いは勝谷誠彦氏のトーク番組

4月26日(日)7時0分 NEWSポストセブン

 テレビから安倍政権批判が消えたと言われるが、言論への圧力は、在阪放送局にも押し寄せていた。関西在住の作家で、放送界とも関わる戸田学氏が、在阪テレビ局の現状をレポートする。


 * * *

 昭和期の関西放送文化圏は、独自の文化で一種の独立国的要素がありました。開局当初は、それまで映画界や新聞社といった業種で働いていた人々がはせ参じていたためか、職人的な気質があって、「東京には負けるかい!」という気概があり、関西のタレント、文化人を使って、本音と面白さをうがった番組をローカルのみならず、全国にも発信していました。


 元来、関西の放送局は、制作費が少なく、アイデアで勝負するしかありません。ざっくばらんな関西では放送台本も実にアバウトで、タレント主導なところがあって、台本にも要点を記して、「〜とあって、以下よろしく」的なものが多く、そのあたりも、東京の放送局に出演しているタレントからみれば、発言が自由に思えたのでしょう。


 それがいつの頃からか、例えば米国と日本国のような東京との主従関係となって、東京キー局の単なるローカル支局的な扱いになりました。局員も、急速にサラリーマン化し、役人的にまず責任を回避するようになりました。


 在阪テレビ局のA局には、少し前まで革新的な夕方の報道番組がありました。独自の取材で社会問題のタブーに斬り込み、テレビ報道としての使命を果たしていました。しかし、官僚的体質の親会社である新聞社から管理職が異動でやって来て、番組が潰されたと聞きました。


 親会社やスポンサーの影響を勘ぐりたくなる例は他にもあります。現在では冤罪事件である事が確定している小沢一郎氏の西松建設及び陸山会事件ですが、B局の元局アナ出身のキャスターは、当時いかに小沢氏が犯罪人であるかを煽りたてて、擁護すれば大声でその意見を制止していました。意図があるのでしょうかね。


 自由な発言が必ずしも、放送文化の練度の高さを示すとも限りません。発言者の立場や思想が露骨に表われることも気になります。


 C局の夕方帯の報道番組では、話術が巧みなシンクタンク代表の方が30分ほど独演会的に時事情報を披露するコーナーがありました。


 彼の意見や情報にはむろん賛否があるでしょうが、局アナキャスターがその意見を鵜呑みにするのはいかがなものでしょうか。彼の意見がまるで放送局の考えであるかのようにボンヤリ見ていると思ってしまう。番組構成に少し問題があるのかも知れません。


 彼の話は浪花節的な要素もあって、大変面白く、当然高視聴率のため放送局側も長らく企画を変更出来なかった。


 関西人は、面白いものや本音が大好きですが、無自覚に垂れ流すだけでは時に、世論を誘導してしまうこともあります。今日、非難の対象となることもある橋下維新ですが、その躍進は、テレビなくしてはありえなかったと思います。


 ただし、希望を見出せない関西の放送文化にも、“救い”がないわけではない。在阪局サンテレビに『カツヤマサヒコSHOW』というコラムニストの勝谷誠彦氏のトーク番組があります。セットも編集もケーブルテレビが少し進化したようなものですが(笑)、勝谷氏は硬軟左右思想に関係なく興味のある人物をゲストに招き、一方の出演者からはその職業さながらの本音や真実が垣間見えます。スタッフの心意気良しです。


 勝谷氏の灘高同級生である中田考氏(*注)が出た時にはビックリ! 地上波ですからね。こういった番組が関西発信の蟻の一穴になるやも。サンテレビが神戸新聞系列だというのも意外です。


【*注/イスラム学者。昨年10月、北海道大学の男子学生が「イスラム国」に渡航を企てたことが表面化した際、仲介者として中田氏の存在がクローズアップされた】


※SAPIO2015年5月号

NEWSポストセブン

関西をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ