元HKT48のゆうこすが“例の紐”写真を投稿。「強調された」、「実際にやって」とファン。

4月26日(日)19時35分 Techinsight

“例の紐”を試した菅本裕子(画像は『菅本裕子 ツイッター』のスクリーンショット

写真を拡大


元HKT48の“ゆうこす”こと菅本裕子がツイッターで“例の紐”を描いた写真を公開して反響を呼んでいる。“例の紐”とはライトノベルに登場するヒロイン・ヘスティアが着用する青い紐状ものだ。その真意は定かではないが、胸が強調されることから話題となっている。それを“ゆうこす”が画像で試したところ、男女の読者から賛否の意見が寄せられた。

先に“例の紐”についてもう少し触れておくと、ライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場するヒロインの1人、ヘスティアが青い紐状のものを胸に通して押し上げるような形で結んでいることから“例の紐”と呼ばれる。ネットでもその紐を表して描いたイラストを見かけるが、すでに海外でも注目されており、英国の『デイリー・メール』がサイトで取り上げているほど広がりを見せている。

そこで“ゆうこす”が4月22日に『菅本裕子(ゆうこす)(yukos_cook)ツイッター』で「ネットで話題の、“例の紐”かいてみた」と自撮りした1枚を投稿したのだ。まず、「そこは実際にやってくださいよ!」、「書かんでいいから実際に使ってみてくれ!」、「贈ったら装着してくれますか?」という要望が目立つ。

次に「おっぱいもっと持ち上げないとだめだよ」、「おっぱいにしか目がいかなかったぜ」、「おっぱいビースト」と胸への反響があれば、「リプが…おっぱい、オッパイw『例の紐』あげてここまで無視される。ある意味凄過ぎ」とその破壊力に感心するコメントもあった。中には、「おっぱい大きく見える」、「強調されたね」という感想もあり、描いた“例の紐”でも錯覚で胸が大きく見える人がいるのだろうか。

ところで、バストには関係なく「これゆうこす!? めっちゃ可愛いやん!」、「透明感出てる…やっぱ、ゆうこすかわいいわ〜」、「お足がお細いですね」、「ゆうこす痩せた?」などの反応が少なくない。“例の紐”を使わずとも魅力的になっているようだ。

※画像は『twitter.com/yukos_cook』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「HKT48」のニュース

BIGLOBE
トップへ