私立恵比寿中学『ニコニコ超会議』で米軍バンドと迫力満点コラボ。「音楽の力はすごい!」と実感。

4月26日(日)16時52分 Techinsight

『ニコニコ超会議』で米軍バンドとコラボした私立恵比寿中学

写真を拡大


25日・26日、千葉県幕張メッセで開催されている『ニコニコ超会議2015』。昨年は12万人という大勢の来場者で賑わいをみせたこのイベントに、昨年に続きアイドルグループ・私立恵比寿中学が登場した。この日のステージは在日米陸軍軍楽隊との“異色のコラボ”も話題。スリムでかわいらしいアイドルと筋肉隆々マッチョな米陸軍軍人という、なんともミスマッチな組み合わせにはファンならずとも興味をそそられるが、迫力満点の熱いステージとなった。

26日正午、私立恵比寿中学(略称:エビ中)の8人が元気いっぱいに笑顔で『超演奏してみた』のステージに登場すると、待ちに待っていた多勢のエビ中ファンが怒号のような大声援で出迎えた。各メンバーの自己紹介でさらに盛り上がりをみせると、楽曲『えびぞりダイアモンド!!』『ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜』『ちちんぷい』を全身を使って踊って歌ってエネルギッシュに披露。そのパワーには目が釘付けになってしまうほどだ。

その後、『サークルKサンクス』のスペシャルサポーターのエビ中が、同コンビニのおにぎりクーポン付きのストレスリリーサーを客席に向かって投げてプレゼントするファンサービスがあった。これは握ってストレスを解消するグッズだが、エビ中が投げるということでファンは自分がゲットしようと手を伸ばして大興奮だった。

ステージ後半は、この日の目玉とも言える、在日米陸軍軍楽隊『サムライ・オブ・ロック』とのコラボ。「(彼らが)テンション高いので私たちも負けないよう頑張りまーす」とエビ中も意気込みを見せる。自身の楽曲『梅』と『ハイタテキ!』を彼らの鍛えられた体から出てくる、パワフルかつ卓越した演奏をバックに披露した。そして最後は昨年海外で大ヒットしたファレル・ウィリアムスの『Happy』を『サムライ・オブ・ロック』がボーカルを務めた。エビ中はダンスなどで盛り上げ、熱い熱いコラボを終えた。エビ中はアーミー風の揃いの衣装を着ていたが、実はこのステージのために作ったもの。いかにこのコラボに気合が入っていたかが分かる。


安本彩花が「皆さんと踊れたのもすごく楽しかった」と感謝の思いを伝えると、廣田あいかも「画面の前の皆様も楽しめたのではないかな」と伝えた。この様子はニコニコ動画で生中継されていて、ニコニコ動画らしく視聴者からも「みんな笑顔だ」「惚れたぁぁぁ」「8888888(=パチパチ、拍手の意味)」などコメントが続々と書き込まれていた。

ステージの後に報道陣の囲み取材に応じたエビ中は、廣田あいかが「英語が苦手なので、楽しくできるか不安だったんですけど、すごく楽しかったし、会場も盛り上がったので、音楽の力はすごいなと実感しました」と『サムライ・オブ・ロック』とのコラボについて感想を語った。続けて、星名美怜も「楽器がすごくお上手で私たちも負けていられないって。不安な顔をしてたら合図を出してくれて優しいなと思いました。言葉では伝わらない音楽の力を感じました」とエビ中にとっても貴重な経験になったようだ。

そして、『サークルKサンクス』のスペシャルサポーターとして、全品リニューアルしたおにぎりを食べた感想では、真山りかが「お米が違う。この場で握ったのではないかと思うぐらいふっくらしていた」と驚くと、柏木ひなたが「具もたくさん入っていて満足度の高いおにぎり」とにっこり。さらに、オススメの“直巻おにぎり 紅鮭粗ほぐし”を食べた美味しさを両腕をくねくねさせて体で表したり、森の中で鹿と少女がおにぎりがきっかけで仲良くなるという寸劇(安本彩花が鹿役 中山莉子が少女役)を披露するなど、迫力のステージとは一味違うエビ中らしさでおにぎりの美味しさを伝えて、笑いを誘っていた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

「私立恵比寿中学」のニュース

BIGLOBE
トップへ