タモリ「トレジャーDNAは加齢臭がないこと」 山中伸弥教授と“最先端の遺伝子解読”

4月26日(金)10時31分 エンタメOVO

「シリーズ人体II遺伝子」に出演するタモリ(左)と山中伸弥教授

写真を拡大

 NHKスペシャル「シリーズ人体II遺伝子 第1集 あなたの中の宝物“トレジャーDNA”」の試写会と会見が25日、東京都内で行われ、出演者のタモリ山中伸弥教授が登場した。

 世界最先端の研究現場で進む、驚異的な「遺伝子解読」の世界を伝える同番組。第1集は、健康寿命を実現したり、潜在的な能力を発揮する可能性を秘めた“トレジャーDNA”について特集する。

 タモリは「番組を収録しているときは、なるほどと思っているんですけど、終わって人に聞かれて説明をすると全然分かっていない。とっつきやすいんだけど、考えてみるとものすごく難しい最先端のことをやっている番組で、非常に面白かったです」と収録の感想を語った。

 番組内で「自分のトレジャーDNAは加齢臭がないこと。赤ちゃんのにおいがすると言われる」と話していたタモリ。「加齢臭がないということは、加齢臭すら出なくなったとも言えると思います」と笑わせた。また、「自分の中にあったらうれしいトレジャーDNA」として「背が高くなれとか、頭が良くなれとか、いっぱいあります。今は髪の毛が心配です」と悩みを告白した。

 山中教授は、遺伝子検査について「広島出身の僕の弟子がアメリカで遺伝子検査を受けたら、遺伝子検査で『あなたは80パーセントの確率で広島出身です』という結果が出ました。将来はもっと精度が良くなると思います」と遺伝子検査の実力を披露。番組について「自分は遺伝子の専門家のつもりが、非常にすごい取材で僕が知らない最先端のこともありました。分かりやすくお伝えしているので、楽しんでいただきたいです」と話した。

 番組は5月5日と5月12日、午後9時〜9時49分 NHK総合で放送(全2回)。

エンタメOVO

「タモリ」をもっと詳しく

「タモリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ