天才テリー伊藤対談「石田純一」(3)東尾さんへの交際報告はもう命がけ

4月27日(木)12時57分 アサ芸プラス

テリー こういった堅いお話は、ご家庭でもされるんですか?

石田 いや、基本しないです。(東尾)理子は「はいはい」って言ってくれますけど、実際は何にも聞いてないですから(笑)。

テリー アハハハハ、理子さんらしい(笑)。でも彼女は、すごく明るくてステキな女性ですよね。

石田 はい、ほんと本当にありがたい。大好きです。

テリー 僕も何度かお会いしてますけど、お世辞でも何でもなく、太陽みたいな人で。あのお父さん(東尾修)の娘さんとは、とても思えなくて(笑)。

石田 アハハハハ! でもああ見えて、お義父さんは優しいんですよ。

テリー それはお孫さんができたことも大きいんじゃないんですか? だって太陽みたいな娘さんの前に、暗雲漂う石田純一が現れたわけじゃないですか。

石田 そこまで言われちゃいますか(苦笑)。

テリー 僕が東尾修だったら絶対に許さないですよ。「何だよ、娘が曇っちゃうじゃないか!」って。

石田 いや、まさに、そんな気分だったんでしょう。あとで「フェアウェイのど真ん中に打ったショットが、カラスに持っていかれたようだ」って言われました。

テリー ハハハ、うまいこと言うなァ。

石田 もともと東尾さんとは年も近いし、共通の友達も多くて以前から面識があったんです。だから、お会いするたびに、真顔で「うちの娘には手を出すなよ。マジだからな」って言われていましたし。

テリー それなのに手を出したなんて、ひどい男だなァ(笑)。よくバットでブン殴られませんでしたね。

石田 だから、殴られてもしょうがないとは思いました。ご両親に初めてご挨拶する時に、理子がレストランをセッティングしてくれたんですけど、会う直前まで、向こうにはそのことを言ってなかったんですよ。

テリー どんなタイミングで言ったんですか?

石田 それが、お店の数十メートル手前なんですよ。そこでやっと「パパ、紹介したい人がいるの」って。

テリー ええっ!? それって、肩慣らしなしでピッチャーが急にマウンドに上げられるみたいなもんじゃないですか!

石田 しかも、その前日が東尾さんの誕生日で、東尾さんは娘が自分の誕生日を祝ってくれるものだと思っていたらしいんですよ。

テリー あー、ドキドキしますよ。

石田 しかも個室のドアを開けたら、座ってるのは僕じゃないですか。

テリー ハハハハ、東尾さんが最も会いたくない、はだしの男が!

石田 目が合った瞬間に、「お前か!」ってグワッとにらまれましてね。実際、僕は別に悪いことをしているわけじゃないので、東尾さんに謝ったりするのは絶対やめようと思ってたんですけど、もう瞬間的に「すみません!」って言っちゃいました(笑)。

テリー アハハハハ! おもしろすぎるよ!

石田 で、これは本当の話なんですけど、お店の方に「(東尾さんと)対面して少し落ち着くまでは、包丁を全部隠しておいてください」って先に頼んでおいたんです。理子も「大丈夫だとは思うけれども、いちおう」みたいな感じで。

テリー うわぁ、そんなスリリングな交際報告、僕は絶対できないなァ。

石田 帰る時、東尾さんは「こんなまずい飯食ったの、初めてだ」って言ったそうです。

テリー でも、それを乗り越えての現在ですものね。いや、お疲れ様でした。

アサ芸プラス

「天才」をもっと詳しく

「天才」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ