新TVシリーズ「ウルトラマンジード」が7月放送スタート 主人公は悪のウルトラマン「ベリアル」の息子

4月27日(木)11時13分 BIGLOBEニュース編集部

(c) 円谷プロ (c)ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京

写真を拡大

円谷プロダクションは、ウルトラマンの新TVシリーズ「ウルトラマンジード」をテレビ東京系で7月8日9時から放送する。


「ウルトラマンジード」は、ウルトラセブンの息子・ウルトラマンゼロとウルトラマンベリアルの銀河存亡をかけた戦いを描いた「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」に続く物語。主人公・朝倉リクは、ある日、変身アイテム「ジードライザー」と「ウルトラカプセル」を手に入れ、ウルトラマンジードにフュージョンライズ(変身)する力を得る。しかしそれと同時に、悪に堕ちた黒き巨人・ウルトラマンベリアルの息子であると知り、リクの運命は大きく動き出す。


主人公・朝倉リクを演じるのは、濱田龍臣(16)。2010年公開の映画「ウルトラマンゼロ THEMOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」以来のウルトラマンシリーズへの出演となる。ウルトラマンへの抜擢に濱田は、「僕の幼稚園の頃の夢は、『ウルトラマンになること』でした。それがなんと16歳で叶って、凄く嬉しいです!」と喜びのコメント。「ベリアルの遺伝子を受け継ぐウルトラマンジードが自分の運命と向き合い、どのように成長していくのかを一緒に見守って頂けたら幸いです」と見どころを紹介している。


制作スタッフは、「GOTH」や「ZOO」など話題作を多数発表している小説家・乙一が初めてテレビドラマのシリーズ構成を担当。メイン監督は、ウルトラマンゼロやベリアルの初登場作品である2009年公開の映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」でメガホンを執った坂本浩一が務める。


<濱田龍臣コメント>
僕の幼稚園の頃の夢は、「ウルトラマンになること」でした。
それがなんと 16 歳で叶って、凄く嬉しいです!
前回、映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(2010)に出演させていただいた時は敵だったベリアルが、今回はなんと父親であるという設定で、凄く奥の深い役になっていると思っています。
ベリアルの遺伝子を受け継ぐウルトラマンジードが自分の運命と向き合い、どのように成長していくのかを一緒に見守って頂けたら幸いです。
素晴らしいスタッフ、キャストの方々と力を合わせて、皆さんに楽しんでいただける様に精一杯頑張りますので、是非ご覧ください!


ウルトラマンジード


ウルトラマンジード


ウルトラマンジード


ウルトラマンジード


(c) 円谷プロ (c)ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「濱田龍臣」のニュース

BIGLOBE
トップへ