“超イヤな奴”オスカー・アイザックVS“ド天然”ジュリアン・ムーア『サバービコン 仮面を被った街』本編映像

4月27日(金)11時0分 映画ランドNEWS

ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本の新作が『サバービコン 仮面を被った街』の邦題で5月4日(金)より公開される。この度、本作の本編映像が解禁となった。


サバービコン
© 2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジョージ・クルーニーが監督・製作・脚本、コーエン兄弟が脚本を手がけた本作は、2017年のべネチア際映画祭コンペティション部門に出品され、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』と人気を分け合った話題作。1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに組み入れたドラマは、理想的な家族、理想的な街、そして理想的なアメリカのメッキがはがれていく過程をスリリングに描き出す。マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザックが共演する。


サバービコン


解禁されたのはオスカー・アイザック演じる保険調査員クーパーが、ジュリアン・ムーア演じるマギー伯母さんの元を訪れるシーン。マギーの妹ローズが強盗に殺された事件について調査に来たクーパーは最初からこの事件を疑っているようで、おちょくるような独特の口調でマギーに詰め寄る。


サバービコン


近年は『スター・ウォーズ』シリーズの“友情に熱い”レジスタンス・パイロット役のオスカー・アイザックの印象が強い人には少しショック!?な今回の名演技。この役柄は元々コーエン兄弟がジョージ・クルーニー監督にオファーした役柄であり、「オスカーはここ数年驚くような演技を見せてくれている俳優の一人だ。もともとコーエン兄弟からクーパー役をオファーされていたのは私だったから、オスカーが羨ましいよ。映画をかっさらっていく美味しい役どころなんだ」と、熱望した役柄を、信頼を置くオスカー・アイザックに任せたことを明かしている。


サバービコン


『キングスマン:ゴールデン・サークル』で強烈に演じたポピー・アダムズが記憶に新しく、いまや“ヤバい女”を演じさせたら右に出るものはいないジュリアン・ムーアが魅せるクセのある“天然”なマギーのおバカ演技も必見だ。



映画『サバービコン 仮面を被った街』は5月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開


© 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「オスカー」をもっと詳しく

「オスカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ