『ソウルフル・ワールド』2020年夏公開が延期に、12月11日に日本公開へ

4月27日(月)14時22分 映画ランドNEWS

2020年夏に公開を予定していた映画『ソウルフル・ワールド』の日本公開日が2020年12月11日(金)に延期となった。


ソウルフル・ワールド


新型コロナウイルスの感染拡大防止および来場されるお客様の安全と健康を第一に考えたアメリカ本国での公開延期にともない、日本の公開日は2020年12月11日(金)に決定した。


監督はピート・ドクター。ピクサーの原点『トイ・ストーリー』(95)では原案を、『モンスターズ・インク』(01)で監督デビュー、『ウォーリー』(08)では脚本原案&製作総指揮、監督作としてアカデミー賞長編アニメーション賞を獲得した『カールじいさんの空飛ぶ家』(09)、『インサイド・ヘッド』(15)では世界中に感動の渦を巻き起こすなど、ピクサーの“感動作”には欠かせないピート・ドクター。


ジャズミュージシャンを夢見る音楽教師のジョーはある日、ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるが、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまい、目を覚ますと青く可愛らしい姿に。そこは人間が生まれる前に性格や才能、自分の個性や興味を決める場所“魂<ソウル>の世界”だった。ジャズクラブで演奏するはずだった日まであとわずか…果たしてジョーは地上に戻り、夢をかなえられるのか…?“本当の自分”について問いかけるような冒頭の深いメッセージを、コミカルでエッジの効いた<ソウル> たちの活躍と共に軽やかに描く。



映画『ソウルフル・ワールド』は12月11日(金)より全国公開


(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「延期」をもっと詳しく

「延期」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ