長澤まさみの息子役は17歳の超新星・奥平大兼(おくだいら だいけん) 夏帆・仲野太賀ら第二弾キャスト公開 映画『MOTHER マザー』予告編

4月27日(月)4時0分 フィールドキャスター

<STORY>
男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた秋子。
シングルマザーの彼女は、息子の周平に奇妙な執着を見せ、忠実であることを強いる。
そんな母からの歪んだ愛の形しか知らず、翻弄されながらも応えようとする周平。
彼の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。
やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。
それは17歳に成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせる……。
何が周平を追い込んだのか?彼が罪を犯してまで守ろうとしたものとは——?
事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙する。

長澤まさみが社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦した、実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』。

この度、第二弾キャストとして、17歳の少年・周平役が明らかになった。

長澤まさみ演じる母親・秋子の歪んだ愛情しか知らずに育った17歳の少年・周平を演じたのは、本作が初オーディション初スクリーンデビューとなる新人・奥平大兼(おくだいらだいけん)。

俳優への道は、友人との帰り道、渋谷駅の改札で一人足止めされた際に、事務所から声をかけられスカウトされたことにはじまる。
「勉強のために」と初めて受けたオーディションで今回の大抜擢となった。
スターサンズ佐藤プロデューサーは「周平役には、16-17歳という少年期の危うさと繊細さ、そして主人公の母親を支える包容力が必要だと考えていたので、はじめてオーディションでお会いした時、彼しかいないと確信しました」と話す。

解禁された予告編では、同じく第二弾キャストとして発表となった夏帆皆川猿時・仲野太賀・木野花ら豪華キャストも映し出された。

<息子・周平役/奥平大兼 コメント (一部抜粋) >
オーディション自体が初めてで、勉強になればと受けました。
審査側の机は選考書類の山でしたし、絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、嬉しいよりも驚きの方が大きかったです。
いざ現場に入ると、過酷な環境の中で生きる周平を演じきれるかとても不安でしたが、長澤さんが「大丈夫」と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました。

<母・秋子役/長澤まさみ コメント>
奥平くんは初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれたので、今回、私はとても助けられていたように思います。
そこで生まれた感情に大きく揺れ動く姿と対峙することで、自分も素直に演じることができました。
お芝居は、その瞬間瞬間の感情を表現することが大切だと改めて感じさせられました。

出演:長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花
監督:大森立嗣
配給:スターサンズ/KADOKAWA
©️2020「MOTHER」製作委員会
公式HP:https://mother2020.jp/

フィールドキャスター

「息子」をもっと詳しく

「息子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ