山崎育三郎、城田優...おうちでミュージカル楽曲熱唱 総勢36人のレ・ミゼラブル「民衆の歌」動画

4月27日(月)14時6分 J-CASTニュース


公演の中止で待機が続いているミュージカル俳優達がオンラインで集結し、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のナンバー「民衆の歌」を歌った動画が2020年4月26日にYouTubeに投稿され、演劇ファンの話題を呼んだ。

「レ・ミゼラブル」は1980年初演、世界各国で上演が繰り返されてきた。「民衆の歌」も作中屈指の人気曲である。この動画に参加したのは城田優さん・山崎育三郎さん・濱田めぐみさん・平原綾香さん・加藤和樹さん・愛希れいかさんら合計36人名。

劇中で、政府軍に立ち向かうパリ市民の歌として歌われるエネルギッシュな楽曲は、投稿されると多くの演劇ファンにより拡散、日本のツイッターでは26日夜には「民衆の歌」がトレンド入りし、公演中止が続く演劇界だが、俳優とファンの一体感をも高めているようだ。「#ShowsatHome」のタグとともに拡散されたが、家の中でも演劇を楽しめるコンテンツを提供したいという俳優たちの心意気がうかがえる。

「民衆の歌」を歌うムーブメントは海外でも既に起こっていた。イギリスでは全ての劇場が閉鎖されているロンドン・ウエストエンドで活躍する俳優ら70人が自宅などでこの曲を歌う動画が4月7日に制作され、YouTubeで公開中である。

これは「Hear the WestEndSing」のタグとともにネットで拡散され、同時に演劇関係者を支援する「Acting for Others」運動と、医療関係者を支援する「In aid of the NHS Charities COVID-19 Appeal」への寄付を呼びかけている。

J-CASTニュース

「ミュージカル」をもっと詳しく

「ミュージカル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ