山口達也誤報で謝罪…批判浴びるフジの前のめりすぎ取材姿勢

4月27日(金)15時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


今年2月、女子高生に無理やりキスをしたという強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIO山口達也(46)。


山口は4月26日に謝罪会見を行い、ワイドショーやニュース番組は話題一色。そんななか、フジテレビが誤報を飛ばし謝罪した。


同局は26日放送のニュース番組「プライムニュースイブニング」で、事件当日に山口の自宅には山口と女子高生とその友人のほかにもう1人男性がいたと報じた。


「フジテレビの警視庁記者クラブはこのところ、警視庁ネタでスクープを連発。だからまた出し抜かれたと思いました」(他局の社会部記者)


しかし夜のニュース番組「FNNプライムニュース」で椿原慶子アナウンサー(32)が「その後、事実関係を確認したところ、もう1人の男性がいたという事実はなかったことが確認できました。訂正してお詫びいたします」と頭を下げた。


また山口は被害者女性とNHK Eテレの教養バラエティー番組「Rの法則」で共演したというが、これについてもフジの前のめり過ぎる取材姿勢が批判を浴びているという。


「情報番組『グッディ!』のスタッフが堂々と『Rの法則』レギュラーメンバーたちののツイッターに取材を申し込み、ネット上でさらされ大炎上しています。同番組といえば『オフィス北野』のお家騒動の際、偽社員を直撃したVTRを流すという大失態も犯しています」(芸能デスク)


まだ同番組の取材スタッフの意識は改善されていないようだ。

女性自身

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ