ユースケ・サンタマリアの離婚 1年も明るみに出なかった理由

4月27日(土)20時32分 女性自身

俳優のユースケ・サンタマリア(48)が4月27日放送のテレビ朝日系「100まで楽しむつもりです」で、昨年6月に離婚していたことを公表した。



ユースケとお笑いコンビ「さまぁ〜ず」の大竹一樹(51)、フリーアナウンサーの高島彩(40)が出演。現代において明るく元気に楽しく自分のライフスタイルを貫く人々に注目し、”人生を楽しむヒント”を学ぶ同番組。



この日の放送でユースケは「平成から令和に、どうしても持ち越したくないことがあって」と切り出し、「俺ね、離婚したんです」と告白した。



ユースケは13年の交際を経て、04年5月に2歳年上の一般女性と結婚。離婚した時期を「去年の6月です」と明かし、「その前10年別居していたんです」とさらに衝撃の告白をしたのだ。



これまで隠していたわけではなかったというが、公表しなかった理由を「聞かなきゃ言わないし、(相手が)一般の方なので発表するのも何だしさ」と説明。「いまはとにかく遊びたい」と心境を明かした。



「結婚会見まで行っていたユースケさんですが、その後は現場でほとんど家庭のことを話さなくなっていました。そのため、いつの間にか現場でも聞きづらい雰囲気に。だからこそ、約1年間も離婚したことが明るみに出なかったのです。ただ普段から軽妙なトークで場を盛り上げてくれていましたが、人知れず苦悩を抱えていたようです」(テレビ朝日関係者)



晴れて“独身宣言”して新元号を迎えるが、どんなお相手と新たな恋を育むのかが注目される。

女性自身

「ユースケ・サンタマリア」をもっと詳しく

「ユースケ・サンタマリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ