【巻ノ二】1980年代の日本を席巻した海外ドラマたち

4月26日(日)20時36分 海外ドラマboard

1980年代に日本で海外ドラマ人気を過熱させた作品たちを紹介しよう!

https://www.imdb.com/title/tt0071007/mediaviewer/rm4156452864?ref_=tt_ov_i

『大草原の小さな家』(1974-1983)

放送:1974年〜1983年
放送局:NBC
製作総指揮:ジョン・ホーキンス/ウィリアム・F・クラクストン
出演:マイケル・ランドン/メリッサ・ギルバート/カレン・グラッスル/メリッサ・スー・アンダーソン/リンゼイ&シドニー・グリーンブッシュ/マシュー・ラボートー/リチャード・ブル/キャサリン・マグレガー/アリソン・アーングリン/ジョナサン・ギルバート/ケヴィン・ハーゲン/ダブス・グリア ほか

西部開拓時代のアメリカ。
ウィスコンシン州からカンザス州を経て、ミネソタ州へとやってきたインガルス一家が過ごす日々を映し出した、名作海外ドラマ。

本作がきっかけで、大家族に憧れたという視聴者も多いことだろう。
NHK総合テレビジョンで1975年から1982年にかけて放送され、人気を博し、日本における海外ドラマの認知度を上げた作品としても知られている。
70年代から放送が始まった作品であるが、80年代にハマったという視聴者も意外に多いのである。

https://www.imdb.com/title/tt0086662/mediaviewer/rm2447762688?ref_=tt_ov_i

『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』(1984-1986)

放送:1984年〜1986年
放送局:CBS
製作総指揮:ドナルド・P・ベリサリオ
出演:ジャン=マイケル・ヴィンセント/アーネスト・ボーグナイン/ジーン・ブルース・スコット/アレックス・コード/デボラ・プラット/デヴィッド・ヘミングス ほか

ベトナム帰還兵のストリングフェロー・ホーク(ジャン=マイケル・ヴィンセント)が、秘密裏に開発された攻撃用ヘリコプター・エアーウルフを駆使してさまざまな事件を解決していく姿を描く、スカイ・アクション。

日本では1986年に金曜ロードショーにて『エアーウルフ 砂漠の空を制圧、ジェット機774区間を撃破する超音速攻撃ヘリ』というタイトルのもと、パイロット版が放送されたことをきっかけにテレビ放送がされた。
デヴィッド・ハッセルホフ主演の『ナイトライダー』と並び、80年代を代表するスーパーメカ・ドラマとして高い人気を博した。
劇中に登場する圧巻のヘリコプター・アクションもすごかった!
当時は小説、コミック、ゲーム、プラモデルなども発売され、その人気を物語る商品展開が成されていたのも印象深い。
1987年には続編として『新エアーウルフ 復讐編』が製作された。

https://www.imdb.com/title/tt0088559/mediaviewer/rm4197984000?ref_=tt_ov_i

『冒険野郎マクガイバー』(1985-1992)

放送:1985年〜1992年
放送局:CBS
製作総指揮:ヘンリー・ウィンクラー/ジョン・リッチ
出演:リチャード・ディーン・アンダーソン/ダナ・エルカー/ブルース・マッギル/テリー・ハッチャー/ジョン・アンダーソン/マイケル・デ・バレス ほか

世界中の悪と戦う‘‘フェニックス財団’’のトップエージェントであるアンガス・マクガイバー(リチャード・ディーン・アンダーソン)が、最大の特技である手近な材料と豊富な科学知識の応用でピンチを脱し、数々の事件を解決していく、アクション・アドベンチャー。

1988年に「火曜ロードショー」枠で2話分を1度に放送し、高い視聴率を記録。
マクガイバーが劇中で使用するスイス・アーミーナイフは、本作で人気を博すようになり、日本でも一躍大ヒット商品となった。
テレビドラマとは思えない壮絶なアクションシーンなど大迫力の映像が魅力であり、現在になってもなお、根強い人気を誇っている。
2016年には『MACGYVER/マクガイバー』とタイトルを改め、リブート版が製作された。
こちらも、世界中でヒットを記録している。

https://www.imdb.com/title/tt0084967/mediaviewer/rm2916392192?ref_=tt_ov_i

『特攻野郎Aチーム』(1983-1987)

放送:1983年〜1987年
放送局:NBC
製作総指揮:スティーブン・J・キャネル/フランク・ルポ
出演:ジョージ・ペパード/ダーク・ベネディクト/ミスター・T/ドワイト・シュルツ/メリンダ・クレア/マリア・ヒーズリー/エディ・ベレツ/ウィリアム・ラッキング/ランス・レガルト/カール・フランクリン/ジャック・ギング/ロバート・ヴォーン/ジュディス・レッドフォード ほか

ジョン・‘‘ハンニバル’’・スミス(ジョージ・ペパード)率いるアメリカ陸軍コマンド部隊出身の腕利き4人組、通称‘‘Aチーム’’がその技術を生かして、無法者に脅かされている人々の依頼で悪と戦う、アクション・ドラマ。

Aチーム、悪人ども、MPの三つ巴の攻防戦を描いたストーリー、ハンニバル、フェイスマン、コング、大尉の個性豊かで愉快なAチーム、そして彼らが魅せる痛快アクションが本作最大の特徴であり見どころとなっており、日本では「アメリカ版 水戸黄門」として愛された。
2010年にはリーアム・ニーソン主演で『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』として映画化もされた。

1980年代は特にアクション・ドラマの傑作が多く、日本では洋画劇場を中心にテレビ映画として放送されたことから、その後の海外ドラマブームのきっかけを作ったと言えるだろう。
ここで紹介した作品たちは、まだほんの一部であり、まだまだ1980年代を代表する海外ドラマは数多く存在している。
前回の特集はこちらから↓

【巻ノ一】1980年代の日本を席巻した海外ドラマたち | 海外ドラマboard

海外ドラマboard

「海外ドラマ」をもっと詳しく

「海外ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ