「第三者がいても二度と会わない」 武井咲の熱愛騒動に“極端とも思える表現“で事務所が対応したワケ

4月27日(月)21時30分 メンズサイゾー

 女優の武井咲(21)とEXILEのTAKAHIRO(30)の熱愛が、27日発売の写真誌「FLASH」(光文社)にて報じられた。2人は昨年のドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で共演していたが、今年3月に放送された同ドラマのスペシャル版の海外ロケをきっかけに急接近したとのこと。都内の飲食店では2人が知人を交えて食事をしている様子が目撃され、TAKAHIROが武井の自宅マンションに入っていく写真も掲載されている。


 TAKAHIROといえば、長年に渡って元AKB48の板野友美(23)との熱愛がウワサされ、知人を交えて食事をする様子などもキャッチされていたが、今年に入ってから所属事務所がそれを否定している。そして今回、新たなお相手として武井との仲がスクープされたカタチだ。


 この熱愛報道についてネットからは、「前から仲よさそうだったしお似合い」との反応がある一方で、「ともちんはどう思ってるんだろう」と、かつて恋人と報じられた相手に新たな熱愛が浮上した板野の心境を気に掛ける声もあった。


 しかし、双方の事務所は交際を否定。武井が所属するオスカーは、TAKAHIROが自宅に来たことは認めたものの、「(自宅マンションでは)武井の母や番組スタッフが一緒だった。今後は第三者がいても、二度と会わない」と強い口調で全否定し、TAKAHIROが所属するLDHも「友達と聞いている」とコメントした。


「今回、武井さんの事務所であるオスカーが『二度と会わない』と熱愛否定にしては極端とも思える表現をしたことから、一部からは『わざわざそこまで言わなくてもいいのになぜ?』『逆に何かあるのでは』と真意を勘ぐる声も聞かれています。共演者同士が仲良くなってプライベートでも交流を持つことは珍しくありませんし、本当に単なる友達でも熱愛疑惑が浮上することはあるので、そうした場合は『友人の一人です』などとコメントすることがほとんどです。


 それでも、あえてオスカーが語気を強めたのは、今後の武井さんに対する期待の表れでしょう。最近、同事務所の上戸彩(29)が妊娠したこともあって、武井さんは事務所の看板女優としてキャリアを積んでいかなければならない時期に突入しています。この大事なタイミングで熱愛疑惑が浮上して、妙なイメージがつくことを避けたかったのかもしれません。幸い、2人の熱愛に関しては好意的な反応も多いですし、結果的にはそのような心配はいらなかったのでは」(芸能関係者)


 また、今回のオスカーの対応については、別の指摘もある。
 
「武井さんとTAKAHIROさんは、武井さんの事務所の先輩である上戸さんと、TAKAHIROさんの事務所であるLDHの代表であるHIROさん(45)が夫婦であることから、接点があっても不思議ではありません。さらにLDHの面々は、このところ俳優活動を活発にしており、今後武井さんと共演する所属俳優が出てきてもおかしくない状況です。LDHとは今後も関わりが出てくるはずで、良好な関係性を保つべきであるのに、今回オスカーが別離ともとれる言葉を使ったのは不自然ですね。


 ふたりの共演作『戦力外捜査官』は、スペシャルドラマも制作されたほどの高評価で続編を期待する声もあったのに、2人の交友関係までを全否定したところで特にメリットがないと思うのですが...。本当に恋愛関係を否定する意味でも、いっそ続編や映画化をやってしまうのもアリかもしれませんよ(笑)」(別の芸能関係者)


 疑問点が残る武井とTAKAHIROの熱愛報道とその後の流れ。もしも本人たちが単なる友達同士であったのにもかかわらず、「二度と会わない」状態になってしまったのだとしたら気の毒なことだが...。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

「武井咲」のニュース

BIGLOBE
トップへ