乃木坂46・秋元真夏、ナマ足バタバタ豪快リアクションであわやパンチラ! ライバルはイモトアヤコ!?

4月27日(月)17時0分 メンズサイゾー

 アイドルグループ・乃木坂46のメンバーが、自分たちのやりたい企画に挑戦する深夜バラエティ『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。27日放送分では、メンバーやファンから"釣り師"と呼ばれる秋元真夏(21)が、お笑い芸人の狩野英孝(33)からリアクション芸を学ぶという企画がオンエアされた。ちなみにアイドル界における釣り師とは、握手会などの際に相手の手をぎゅっと握ったり、思わせぶりな発言をするなどの積極的な対応でファンを"釣る"ことが上手なメンバーのこと。


 そんな秋元がゲストの狩野と共に王道のリアクション芸の数々に挑戦。狩野から「フリが大事」だと教わった秋元は、「足つぼマッサージ」を受ける前には「そんなに痛いとは思えない」と発言するなどし、きっちりと教えを実践した。そして、靴下を脱いで生足になった秋元は、さまざまなバラエティで罰ゲームとして行われてきた足つぼマッサージを受けると顔をゆがめて悶絶。狩野から「もっと大きな声で」「自分の表情を気にしちゃダメ」などとレクチャーされながら、「痛い痛い!」と声を上げて激痛に耐えた。


 さらに秋元は「ゴムパッチン」にもチャレンジ。まず狩野が、口にくわえたゴムを顔面でうけ、大げさにのけぞって転ぶという見本を披露すると、それを見た秋元はうなずきながら笑顔をこぼし、「そんなに痛いんですか?」と発言。狩野は「そうそう。そのひと言が大事」とリアクションの前には強気の態度をとることも大切だという"前フリ"の教えを忠実に守る秋元に満足気な様子だった。


 そして実際にゴムパッチンを受けた秋元は、狩野も驚くほどのオーバーなリアクションでのけ反り、見事なリアクションを披露。かなり大胆に転んだ秋元は、スカートの裾をはだけさせ、あわやパンチラという格好に。先ほどのマッサージに続いて行われたため、ナマ足をバタバタさせることになり、思わぬセクシーショットを披露した。それを見た狩野は目を丸くして一瞬焦ったような表情を浮かべていたが、アイドルが必死になってリアクションに取り組むことを喜ぶように手を叩いて称賛していた。


 ネット上にも「パンチラ寸前」「頑張っているな」「ナマ足がキレイだった」などのコメントが寄せられており、あわやのシーンにファンも喜んだ模様。その後、狩野から「リアドル(リアクションアイドル)」の称号を与えられると、ファンの間からも「今後はバラエティに進出することになりそう」だと期待の声が上がることとなった。


 もちろん、今回リアクションを学びたいと言った秋元本人も、バラエティには興味があるようで、スタジオトークでMCのバナナマンから「こういう(芸人)路線に絞ったの?」と質問されると、「イモト(アヤコ)さんに近いことをしてみたい」と即答。人気バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出ることが目標だと言い、「バナナが好き」だからゴリラやサルと大食い勝負をしてみたいと夢を語った。さらに「ドッキリにも興味があって...」とも言っており、かなりバラエティには積極的なようだ。


 番組の後半ではメンバーから、「すっぴんが宇宙人」と暴露された秋元。松村沙友理(22)から、「まゆ毛が薄くて、目が大きいから」と指摘された秋元は「あんまり変わらないって言われるんですけど...」と小さく反論したものの、ほかのメンバーからも「宇宙人だよ」と連呼されるとカメラに笑顔を向けてやり過ごそうとする。そんな秋元を見た深川麻衣は「さすが釣り師」と呟き、公演のリハーサルなどでも秋元は露出度の高い衣装を身につけていると指摘。ジャージなどを着ているメンバーが多い中、秋元は常に周囲からの視線を気にしているとのことで、白石麻衣(22)も「新曲をテレビで初披露するタイミングで、振り確認をしようとしたら、ひとりだけめっちゃ短いシースルーだったので『ナメてんだろ』って本人に言いました」と付け加えた。


 メンバーから手厳しいコメントを受けた秋元だが、その最中も終始笑顔を絶やさず、どこか嬉しそうだった。イジられることに喜びを感じる彼女は、まさにリアクション系タレントに向いている。ファンを虜にする釣り師という魅力が、バラエティで"愛されキャラ"として作用することになれば貴重なタレントに成長するかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ