ドラマ『M』田中みな実の“嫉妬”演技 「強烈」「怖すぎ」と話題

4月27日(月)13時56分 マイナビニュース

テレビ朝日とABEMAの共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日:毎週土曜23:15〜24:05、ABEMA:毎週土曜24:05頃〜)の第2話が25日に放送され、「M愛すべき人がいて」がTwitterの日本のトレンド2位、世界のトレンド5位にランクイン。田中みな実水野美紀の演技に「怖い」「強烈すぎる」といった声が上がった。

本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描いた話題作『M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加えた連続ドラマ。音楽界の頂点を目指すアユを安斉かれん、アユを見出すプロデューサー・マサを三浦翔平が演じている。

第2話では、アユ(安斉)が歌手デビューを目指し、レッスンを受けにニューヨークへ渡米。そこで待ち受けていたのは、スパルタ鬼講師・天馬まゆみ(水野)だった。激しく厳しい本場のレッスンに、自分の実力を目の当たりにし、落ち込むアユ。そんなアユの目の前に突然マサ(三浦翔平)が現れ、とあるプレゼントをもらったことから、アユは自信を取り戻し大きく成長を遂げる。

一方、アユへ肩入れするマサをよく思わない秘書・礼香(田中)は、「アユに惚れてるってことはないんだよね〜?」と激しくマサを問い詰める。そんなアユへの嫉妬が加速していく礼香が、信じられない行動に出て…といった展開だった。

天馬先生の独特の指導方法や、「燃やすよ〜!」「イノシシをやれるくらいのパンチで!」など強烈なセリフに、視聴者からは「水野美紀の真骨頂!」「想像のはるか上をいった」「突っ込みが止まらない・・何度でも見ちゃう!」「存在感が半端ない」など、コメントが殺到。Twitterのトレンドに「水野美紀」がランクインするほど大きな反響を呼んだ。

嫉妬に燃える田中の演技も話題となり、「田中みな実 怖すぎる」「田中みな実ちゃんの怖さ!じわじわときます。もう何もかもツッコミたい」「女の嫉妬怖すぎ笑」「田中みな実ちゃんも強烈だけどトレーナー役の水野美紀ちゃんもすごいキャラだなぁ」「水野美紀さんと田中みな実さん強烈キャラ過ぎる」といった声が上がった。

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ