間宮祥太朗「半分、青い。」で朝ドラ初出演 “監督”斎藤工の家に居候する“魅惑のだめんず”

4月27日(金)17時5分 モデルプレス

間宮祥太朗(提供写真)

写真を拡大

間宮祥太朗/モデルプレス=4月27日】永野芽郁ヒロインで現在放送中のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜〜土曜あさ8時)に間宮祥太朗が出演することが発表された。間宮は連続テレビ小説初出演となる。

鈴愛(永野)が東京で出会う魅惑の“だめんず”の1人。間宮演じる森山涼次(もりやま・りょうじ)は映画会社の助監督、嫌味がなく感じのよい青年で人の心を癒やす天性の優しさがあるが、その一方、飽きっぽくて何事も長続きしないという役どころ。

間宮は「初めての連続テレビ小説への出演、その上脚本が北川悦吏子さんとお聞きした時は胸が躍りました。台本には、人間味と愛嬌の溢れる登場人物達が、飛び出て来そうな程生き生きと描かれていて、自然と笑い、泣きました。台詞やト書きの一つ一つから感じる北川さんの愛情を、自分の心身を通して演じる事は、とても心地が良く、温かい感触がします。自分に託された森山涼次の日々を大切に過ごし、大切にお届けする事が出来れば、間違いなく愛してもらえる青年です。『半分、青い。』ファンの皆さん、森山涼次と間宮祥太朗をどうぞ宜しくお願い致します」とコメントしている。

また、森山を居候させ、弟のようにかわいがる映画監督・元住吉祥平(もとすみよし・しょうへい)役に斎藤工。斎藤は「『半分、青い。』の素敵な世界の中で全く他人とは思えず心から肯定と否定を注げる元住吉祥平として生きられる事の喜びはひとしおです。魅力溢れる共演者方・制作チーム方の一部として襟を正し共に物語を紡げたらと思います」と語っている。

ほか嶋田久作、藤村光江、麻生祐未、須藤理彩の出演が新たに決定。新キャスト発表を受けて永野は「スズメ自身が全く違う環境になり、新たなドラマが始まったような気がしてドキドキしていますが、現場で個性的なキャラクターの皆さんとどんな空気感で過ごせるのか、とても楽しみです」とコメント。北川氏も「本当に、よくまあ、これだけ揃えた、集まってくださった、と感無量です」と喜びをあらわにし「どの役にも、愛を注いだつもりです。今まで開かなかった扉が、初めて開きますように。私の中では、みなさまとお会いできる、と聞いて、いくつかの扉が開きました」と語っている。

『半分、青い。』は岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「間宮祥太朗」をもっと詳しく

「間宮祥太朗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ