小島よしお、初めて営業に海パン忘れるピンチ

4月27日(木)15時55分 ナリナリドットコム

タレントの小島よしお(36歳)が4月27日、営業で初めて海パンを忘れたときの様子をInstagramで明かしている。

小島といえば…とすぐに連想されるほど、トレードマークとなっている海パン。これがなければ小島の魅力は半減、“いつもの芸”という安心感も失われてしまうが、先日、人生で初めて、海パンを忘れて営業に行ってしまったそうだ。

この大ピンチに閃いたのは、ブリーフのパンツにマジックで色を塗るという、下着のパンツ一丁スタイル。黄、緑、赤の三色で塗られたパンツはパッと見は違和感なく、恐らく遠目には普段の小島と何ら変わらないようにも見える。結果、イベントの出番は無事に終えたようだ。

機転を利かせてピンチを乗り切った小島だが、実はこのパンツ、「時間なくて後ろ真っ白」だったと告白。マジックでごまかしていたのは前面だけで、添えられたステージ上の小島を撮った写真は、確かにお尻の部分は真っ白、普通の下着姿で営業をこなしていたことがわかる。

これにファンからは「へたこきましたね〜」「よしおさん!! 後ろ後ろ(笑)」「かっこいい!」などの声が寄せられている。

ナリナリドットコム

「小島よしお」をもっと詳しく

「小島よしお」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ