『M:I/ゴースト・プロトコル』TV放送中に最新作の新映像解禁

4月27日(金)9時42分 オリコン

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(シリーズ第4作)4月29日、テレビ朝日系で放送

写真を拡大

 トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクションシリーズ最新作(第6作)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(クリストファー・マッカリー監督)の日本公開が8月3日に控える中、シリーズ史上世界最高の興収記録を打ち立てた第4作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(ブラッド・バード監督)が29日、テレビ朝日系(後9:00〜11:33)で放送される。

 「ミッション:インポッシブル」は、ブライアン・デ・パルマ監督による第1作が1996年に公開されて以降、一昨年8月に公開された『ローグ・ネイション』まで、5作品がすべて大ヒットを記録。今や「スター・ウォーズ」シリーズなどと並ぶハリウッドの人気シリーズとなっている。

 『ゴースト・プロトコル』は、ロシアのクレムリンの大爆破、トムが世界一の高さを誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファの壁を登るなど、まさにシリーズ史上最高のスペクタクル巨編。

 さらに、今回のテレビ放送の中で、最新作『フォールアウト』の未公開映像を日本初解禁することが決定。すでに映画館などでは予告編が公開されているが、ストーリーの詳細は謎に包まれたまま。その一部が明らかになる。

 トムは一部メディアで「イーサンたちがやってきた良いことが、彼らに対して不利に利用されてしまう」と内容について語っている。シリーズの代名詞とも言えるトム本人が生身で挑む超絶スタントはさらにスケールアップ。骨折しながらも成功させ世界を驚かせたビルジャンプ、上空を飛行するヘリにぶら下がり、さらには2000時間の飛行訓練で免許を取得し、自らヘリを操縦した超危険スパイラル飛行など、度肝を抜くようなアクションが目白押し。

 そんなシリーズ最大規模のアクションシーンの裏側が堪能できる、シリーズのファンはもちろん、幅広い映画ファンにとっても興趣が尽きない映像が公開される予定だ。

■『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』あらすじ

 ロシアのクレムリンが爆破されるテロ事件が発生。別のミッションで現場に居合わせたイーサン・ハント(トム・クルーズ)が容疑者となり、ロシア警察から追われる身となってしまう。

 執拗なシディロフ刑事(ウラジミール・マシコフ)の追跡をなんとか振り切り、イーサンはIMF長官(トム・ウィルキンソン)、ブラント(ジェレミー・レナー)らの車に乗り込んだが、イーサンと仲間は組織から登録を抹消されてしまう。

 しかし、長官はイーサンに新たなミッションを与えると、イーサンはブラントとともに仲間のベンジー(サイモン・ペッグ)、ジェーン(ポーラ・パットン)と合流。IMFのバックアップは受けられないが、自らクレムリン爆破の真犯人を暴き、その黒幕による世界を恐怖に陥れる作戦を阻止するため行動を開始する。

 その黒幕の取引がUAE(アラブ首長国連邦)のドバイにある世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファで行われることをつかんだイーサンらはドバイへ移動。その取引を阻止すべく、行動を開始するのだが…。

■キャスト(日本語吹替)
イーサン・ハント:トム・クルーズ(森川智之)
ウィリアム・ブラント:ジェレミー・レナー(花輪英司)
ベンジー・ダン:サイモン・ペッグ(根本泰彦)
ジェーン・カーター:ポーラ・パットン(東條加那子)

オリコン

「最新作」をもっと詳しく

「最新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ