元日本共産党の筆坂秀世氏 地震庁や災害対策庁の必要性を力説

4月27日(水)7時0分 NEWSポストセブン

日本共産党政策委員長などを歴任した筆坂秀世氏

写真を拡大

 安倍晋三首相の頭の中は、サミットという晴れ舞台のことでいっぱいのようだが、消費増税から熊本地震まで問題は山積しており、浮ついているヒマなどないはず。


 そこで立ち上がったのが、政界大物OBによる我らが老人党。“新人党員”も参戦し、総勢7人による“爺7(ジイセブン)”サミットとなった。メンバーは以下の通り。


●村上正邦氏(83/自民党参議院議員会長などを歴任)

●戸田邦司氏(81/東北運輸局長を経て新進党から出馬)

●二見伸明氏(81/元公明党副委員長、運輸大臣などを歴任)

●平野貞夫氏(80/元自由党副幹事長)

●山口敏夫氏(75/新自由クラブなどに所属。元労働大臣)

●筆坂秀世氏(68/日本共産党政策委員長などを歴任)

●東祥三氏(64/国民の生活が第一幹事長などを歴任)


 合計年齢532歳の重鎮が大激論した“爺7サミット”の一部を紹介しよう。


戸田:私はアベノミクスという得体の知れないものには疑問を持っています。日本経済が直面している問題を解決するための政策は何もないんですよ。風が吹けば桶屋が儲かるぐらいの話に過ぎない。


 軽減税率にしても、本質論からはずれている。欧州では食料品の税率は高いが、通常、物品税はゼロか半分。北欧では、住宅購入の消費税はゼロで、固定資産税もない。日本の軽減税率論は形だけ真似ただけで、確固たる信念がない。


東:アベノミクスの第一の矢、異次元緩和というのは、ルビコン川を渡ったんですよ。普通ならやらないことをやって、円安に振れたでしょ、株高になったでしょという話で、それはそれで立派な金融経済政策ですよ。


筆坂:他に方法があるかといえば、ないんです。アベノミクス批判をしている野党側にも、対案がない。なぜかって、いまの日本経済に成長なんて無理だから。


村上:結局、政界にカリスマがいなくなったんだよ。存在感があるのが安倍さんだけだから、アベノミクスもすごい政策のように思われているだけなんだよ。


筆坂:ねぇ村上さん、そろそろ平野先生にしゃべらせてあげてよ(笑い)。


平野:そうだよ。私に発言させなくて週刊ポスト合併号が売れるのか?(笑い)


 最初にこの場を借りてお詫びしたいことがありまして、山口さんが石田博英先生(元内閣官房長官)の書生をされていたころに「珍念」というあだ名をつけたのは私です(笑い)。


山口:紅顔の美少年だったからな(とニヤリ)。


平野:これがけっこうウケたので、あだ名をつけるのが趣味になりまして、ある首相経験者には「へそから下はオットセイ」と……。


村上:それ、森喜朗だろ!


平野:やめてくださいよ! それで調子に乗っていたら、宮澤喜一さんに内閣不信任案の恨み(※注)で私もあだ名をつけられて「永田町のナマズ」と。


【※注/1993年、宮沢内閣に対する野党からの内閣不信任案が、自民党内から造反が出て可決され衆議院が解散。政権交代につながった。平野氏はその仕掛け人といわれた】


 そういうわけで、ナマズが地震の話をしますが、村上さんは熊本の大地震は安倍政権に有利にはたらくとおっしゃいましたが、逆だと思います。実は先日、出雲の神様に呼ばれましてね。大国主命に。


筆坂:何を言い始めるんだ、この人(笑い)。


平野:まあまあ、比喩として聞いてください。大国主命に呼ばれて、出雲大社にお参りしたら、“気象庁が噴火とか地震とかまで担当するのはおかしいじゃないか”という神様のお告げがあったんですよ。


東:その通りです。


平野:非常事態というのは、実は戦争じゃないんですよ。中国が攻めてくるより、大地震や津波で崩壊する確率のほうが高い。戦争が専門の自衛隊とは別に、非常事態に対応する専門の組織をなぜ置かないんですか。人間の驕りじゃないのかというのが、出雲の神様のお告げ(笑い)。せっかく“国譲り”したのにと嘆いていますよ。


村上:それは安倍さんが山に籠もって体得しないとダメですよ。安倍さんは山に籠もりなさい!


筆坂:平野さんのおっしゃる通りで、気象庁がなんで地震までって思いますよ。地震庁とか災害対策庁とかが必要ですよ。一方で、テレビなんか見ていると地震学者が出てきていろんなこといっているけど、まだ何にもわかっていないんだよ。予知できないのだから、緊急時にどう国民の安全を守るか、被災者を救援するか、国土を強靱化するかですよ。


※週刊ポスト2016年5月6・13日号

NEWSポストセブン

地震をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ