伝説の女優・小森愛さんインタビュー 当時を振り返る

4月27日(木)16時0分 NEWSポストセブン

かつて美少女ブームを巻き起きした小森愛さん

写真を拡大

 1980年代の終わりから90年台にかけ、美少女ブームを巻き起きした小森愛さんにインタビュー。「伝説のセクシー女優」が当時のことを振り返る。


 * * *

 デビューのきっかけは17歳の時、新宿を歩いていてスカウトされました。「アルバイトで水着のグラビアをやってみないか?」と誘われたんです。芸名は自分で考えました。当時、中森明菜さんが大好きだったので、中森の中を小にして、小森にしたんですよ。


 初ヌードは18歳の時。「写真集を作ろう」というお話をいただき、沖縄に行ったのですが、撮影当日まで、ヌード撮影だとは聞いていませんでした。水着で撮り始めて、「じゃあ、脱いでみようか」という流れになって……。現場にはマネジャーもいないし、誰にどう訴えていいかもわからず、沖縄からひとりで帰るわけにもいかず……。迷った挙句「ここはやるしかないか!」と覚悟を決めて頑張ってしまったのが、最初でした(笑い)。


(ここに掲載した写真の)撮影のことはよく覚えています。それまでロングヘアだったんですが、イメチェンしてみたくて、ばっさりショートカットにした直後の撮影だったんです。誰にも相談せず突然勝手に切ってしまったので、周囲の人にはすごく怒られました。


 当時の私は古風でおとなしい女の子というイメージだったらしく、古い日本家屋での撮影がほとんどでした。それが、ショートカットの私は海に合うということになり、久しぶりに海で撮影しました。私にとっては新鮮な現場で、元気はつらつ、それまでより自然体の私が写っているように思います。


 実は写真を撮られることが苦手だったんですが、カメラマンの西田(幸樹)さんは、そんな私をすごくリラックスさせてくれて、いつもより素の私を引き出してくれました。


 当時は、写真集として撮影されたカットの一部が『デラべっぴん』や『ビデオボーイ』などの雑誌に掲載されるというのが、基本的なパターンでした。ですから、自分が毎月雑誌に出ているという感覚がなく、テレビなどにも出ていなかったので、陰でひっそり活動しているつもりでした。


 また、当時のAVは絡みもなく、イメージビデオの延長線上のような内容だったので、AVアイドルという意識もありませんでした。なので、21歳で引退した後も、「ファンでした」「お世話になりました」と声をかけてくれる方があまりにも多くて驚く日々でしたね。


 26年前の写真は私にとって大切な青春の1ページです。今見てもこの時の楽しかった気持ちがよみがえってきます。


【プロフィール】こもり・あい/1969年7月22日生まれ。身長158cm。B80・W58・H80(撮影当時)。1989年『愛が降ってきたよ』でデビューし、美少女女優ブームの火付け役となる。1990年に引退するも、2011年に美熟女女優として復帰。2014年に引退した。今回の写真は、1991年に発売されたビデオ付き写真集『METAMORPHOSIS』に収録されなかった未公開カットを特別に掲載。


撮影■西田幸樹


※週刊ポスト2017年5月5・12日号

NEWSポストセブン

「伝説」をもっと詳しく

「伝説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ