セクハラ問題、上層部と財務省のナアナアにテレ朝局員も憤り

4月27日(金)16時0分 NEWSポストセブン

ナアナアのやり取りに現場社員も憤り(共同通信社)

写真を拡大

 財務省の福田淳一事務次官によるセクハラ問題。福田次官は、自宅近くのバーに女性記者を呼び出し、「おっぱい触っていい?」などとセクハラ発言を繰り返した。『週刊新潮』(4月19日号)が報じ、音声テープを公開すると、テレビ朝日はセクハラを受けたのは自社の女性社員Aさんであると公表した。


 Aさんは、この音声をテレビで流したいと、上司である50代の女性管理職のBさんに掛け合った。しかし、Bさんは放送できないとの判断を下した。


 政治部出身のBさんはかつてテレ朝の看板番組『報道ステーション』のプロデューサーを務めていた。


「気骨があり有能な女性として評判でした。『報ステ』では原発再稼働の批判や慰安婦問題の検証など、政権の方針と違う内容が目立って安倍政権から目の敵にされていました。その後、担当プロデューサーだったBさんは番組を外され、経済部に異動しました。事実上の更迭でした」(Bさんを知る関係者)


 権力の恐ろしさを誰より知るBさんだからこそ、部下の局内での告発にGOを出せなかった。


 Aさんの告発が掲載された『週刊新潮』は大きな反響を呼び、「犯人探し」が始まった。局は緊急会見を開いたが、そこで展開されたのは、あたかもAさんが悪者であるかのような“謝罪会見”だった。テレビ朝日の篠塚浩取締役報道局長は「当社社員が、取材活動で得た情報を、第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、当社として遺憾に思っています」と述べた。


 これには、特にテレビ朝日の若手の社員たちが大きなショックを受けたという。


「財務省に抗議して『責任を取ってください』と訴える会見だと思っていたら、まるで違っていた。記者が新潮にテープを持ち込まざるを得なかった状況を説明して社として全力で守るのではなく、『Aがすごく悪いことをしてすみません』と平謝りする内容だった。局の上層部は財務省に一応の抗議はしたものの、結局ナアナアのやり取りが続き、現場の社員はみんな憤っているといいます」(メディア関係者)


 本来なら「Aは勇気ある行動をした。彼女をそこまで追い込んだ会社にすべての責任がある」と主張すべきなのに、政権の意向を忖度し、あげくは被害者に罪をなすりつけた。



 テレビ朝日が財務省に送った抗議文が“ポーズ”にすぎないことは、抗議文を受け取った麻生太郎財務相が「もう少し大きな字で書いてもらった方が見やすいなと思った程度ぐらいに読みましたよ」と完全に小バカにしたことでもよくわかる。会見が深夜0時に始まったことについても、テレビ朝日の「深謀遠慮」が働いたとの見方がある。


「テレ朝幹部は記者会見のタイミングと内容について、官邸と入念に打ち合わせていたという話があります。福田次官の辞任直後に『ウチの社員が悪かった』と会見すれば、翌朝に一斉に報じられて次官辞任の衝撃が薄まる。財務省との関係を悪くしたくないテレ朝としても、福田辞任後なら『悪いのは財務省ではなく前次官』という体裁が取れるメリットがありました」(テレビ局関係者)


 セクハラに悩む女性が勇気を振り絞って手を挙げようとしても、それを許さない社会に未来はない。


※女性セブン2018年5月10・17日号

NEWSポストセブン

「セクハラ」をもっと詳しく

「セクハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ