『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』ダコタ・ジョンソン、濡れ場撮影は「退屈」

4月27日(水)20時40分 Techinsight

ダコタ・ジョンソン、濡れ場シーンに本音

写真を拡大


映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で主演し、現在続編の撮影に入っている女優ダコタ・ジョンソン(26)。彼女が延々と続く濡れ場シーンの撮影につき、本音を明かした。

このほど、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の大胆な演技でトップ女優の仲間入りを果たしたダコタ・ジョンソンが『Interview』誌インタビューに登場。そこで同作品の続編撮影につき、こうもらした。

「本当にセックスしているワケではないわ。」
「だけど“そのフリ”を7時間も続けているの。」

エキサイティングなシーンの撮影も、これだけ続くと飽き飽きし退屈に感じてしまうそうだ。

ちなみに彼女の両親は“元夫妻”の俳優ドン・ジョンソンと女優メラニー・グリフィス。2人はダコタが撮影に入ったことを知るものの、「特に父は絶対に観に来ないと思う」とダコタは断言。また母メラニーも、昨年は一作目の公開を前に「自分の子供の濡れ場なんて見たい親がいる?」「フツーのセックスシーンを見るのだって嫌よ、無理!」と語っていた。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をもっと詳しく

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ