TV美女「驚異の身体能力」(2)賀来賢人も息を呑んだ清野菜名の運動神経

4月28日(日)10時0分 アサ芸Biz

清野菜名

写真を拡大

 昨年はドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)のヒロイン役や、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演するなど、女優として大きく飛躍する年となった、清野菜名。彼女は、芸能界随一ともいえる運動神経の持ち主だ。
 
 小学6年生の時に友人に誘われ応募したファッション誌「ピチレモン」のオーディションでグランプリ・ペンティーズ賞を受賞し、モデルデビューした清野だが、中学時代はバスケ部に所属。その運動能力の高さから陸上部の顧問に頼まれ、走り高跳びで全国大会まで出場している。
 
「それまで陸上の経験があったわけでもなく、大した指導も受けずに見よう見まねで背面跳びをやっていたら、全国大会にまで行ってしまったというから驚きです。清野の母親は全日本代表候補になるほどの元バレーボール選手だったそうで、その血を受け継いでいるのかもしれません。ちなみに、高跳びで全国大会までいった清野は、地元愛知県の強化選手にまで選ばれたそうで、高校進学の時も陸上推薦の話があったそうです」(週刊誌ライター)

 陸上か芸能の世界かで進路を迷った時期もあったそうだが、高校進学を機に上京し、芸能界を選ぶことになる。しかし「ピチレモン」の専属モデルを卒業して選んだのは、アクション俳優への道だった。
 
「上京して間もない頃に観た映画『バイオハザード』のミラ・ジョヴォビッチのアクションに衝撃を受けたそうで、高校ではアクション部に所属し、2年生のときにはアクション養成所にも通ってアクロバットなどの本格アクションを学んだといいます。その甲斐もあって、2014年の映画『TOKYO TRIBE』ではヒロイン役、翌年の映画『東京無国籍少女』で主演に抜擢され、見事なアクションを演じています」(映画誌編集者)
 
 そんな抜群の運動神経の一端は、「アクエリアス」のCMでも披露され話題となった。日本版ミラ・ジョボビッチとなる日も、そう遠くないかもしれない?
 
 (鈴木つかさ)

アサ芸Biz

「運動」をもっと詳しく

「運動」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ