夏フェスの女王が「岡村問題」で大炎上!湘南乃風・若旦那の延焼被害も確認

4月28日(火)13時41分 アサ芸Biz

 夏フェス女王の異名をとるシンガーソングライターのMINMIが、女性蔑視発言で猛批判を浴びた岡村隆史を擁護し、新たな炎上トラブルに見舞われている。

 岡村は自身のラジオ番組で4月23日、「コロナが収束したら絶対面白いことあるんですよ」と語り、コロナ禍の影響で可愛い女性たちが夜のお店に入ると発言。これが世間の猛反発を呼び、番組を放送したニッポン放送が27日に「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」との謝罪文を番組公式サイトにて発表していた。

 その状況でMINMIは同じく27日、「岡村さん炎上してるのとか心狭いなぁと感じる」とツイート。「非道徳的?でもそれがある意味社会にある男性の本能や本音じゃんね」との思いを綴りつつ、岡村を念頭に置きつつ「アホやっ!って言われる役の人が言ってくれて 空気が軽く明るくなる」と擁護の論陣を張ったのである。

「このツイートに対しては《賛成》《昔のラジオはこんなもんだった》との声もあるものの、リプの大多数は《少しも笑えない》《守るべき弱者に寄り添うべき》といった批判がほとんど。それに加えて《男性をひとくくりにするな!》という反発もあり、《離婚した元旦那(湘南乃風の若旦那)はそういう男性だったのですか?》との皮肉も寄せられる始末です」(芸能ライター)

 2016年に離婚を発表した元夫である湘南乃風・若旦那にも“延焼被害”が及ぶとは……。それほど、今回の「岡村問題」は取り扱い注意なネタだったのかもしれない。

 一方、昔からMINMIのファンだったという人たちからは<最近、変な方向に走っている>と心配の声もあがっている。それに対してか、同日の夜には「許そうよって発言する人もいないと そう思わない?」などとツイートしていたMINMIだが、彼女の発言には矛盾が隠せないとの指摘もあるようだ。

「27日の深夜にMINMIは『私は世の中良い方に変えたくて行動してる 自分は変わってない』とツイート。一方で同じツイートでは『みんなと同じでなくていい 嫌われる事を怖がるな そのメッセージを今体現してるからね』とも主張しています。たしかに岡村への擁護は後者で言う“嫌われる事を怖がるな”の表れかもしれません。しかしその一方で、岡村のトンデモ発言を擁護することがなぜ“世の中を良い方に変える“ことになるのか、大いに疑問ですね。岡村の発言は世の中のダークな部分の表れであり、それを肯定することは世の中を良い方にしたいというMINMIのスタンスとは矛盾するはずです」(前出・芸能ライター)

 MINMIは、ひとたび失言があればとことん叩きまくる風潮に一石を投じたかったのだろうか。しかしそれが「岡村の発言を肯定」したかのように捉えられたことで炎上を招いたのかもしれない。

(北野大知)

アサ芸Biz

「湘南」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「湘南」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ