天才テリー伊藤対談「石田純一」(4)理子さんとの結婚大きな転機だよね

4月28日(金)12時57分 アサ芸プラス

テリー 東尾さんは石田さんのよさを、いつ頃からわかってくれたんですか?

石田 正確にはわからないですけど、風向きが変わったきっかけは徳光(和夫)さんなんですよ。

テリー それはまた、どういうこと?

石田 徳光さんが東尾さんに会った時「トンビ(東尾修のニックネーム)、娘っていうのは結局、父親に似た男を選ぶんだよ」って言ってくれたんです。「だから、石田純一とお前は顔や話し方や表現もよく似てるよ」と。

テリー 女性好きなところも似てますよね。

石田 ええ。「だから、理子ちゃんは結局、お父さんを選んだんだよ」という言葉に、納得してもらえたみたいなんですけどね。

テリー 今はもうお孫さんができて、すっかり仲もよくなったんですよね。石田さん、家族サービスなんかは、ちゃんとしているんですか?

石田 手伝っていますよ。理子には1歳がべったりくっついていますから、なかなか家族全員で遊びには行けないんですけど。

テリー ほのぼのするなァ、あの平成の色男がそんなことを言うようになっちゃうんですね(笑)。

石田 ハハハ、もはや年貢の納め時で。でも、やっぱり子供はかわいいものですね。4歳の子を水族館に連れて行ったら、すっかりシャチに感動しましてね。大きなぬいぐるみを買ってあげたら、すごく喜んで、以来ずっと一緒に寝てるんです。

テリー いいですねェ。将来は、どんな子に育ってほしいですか?

石田 親バカ的に言えば、スポーツでもボランティアでも何でもいいので、世界で活躍する人になってほしいです。基本、子供の好きにさせてあげているんですけど、一つだけ理子と決めた教育方針がありまして。

テリー それは何です?

石田 人を傷つける行為はダメ。それをした時だけは本気で怒ります。

テリー それ以外では怒らないんですか? 例えば、家具にイタズラ書きしちゃったりしたら?

石田 家具を汚されたくないのは大人側の事情じゃないですか? だから、頭ごなしに怒るのではなくて、「なぜやってはいけないのか」を、時間をかけて説明するようにしているんです。今は昔よりも時間がありますから、できるだけ丁寧に向き合っていきたいと思ってます。

テリー しかし、理子さんとの結婚は、石田さんにとって本当に大きな転機になったんじゃないですか。

石田 ええ。とにかく理子が男前なんですよ。すみれや(いしだ)壱成君ともしっかりつながってくれていて、壱成君なんて僕より仲いいんじゃないですかね。

テリー へえ、それはすごいね。

石田 しょっちゅうメールとかでやり取りしていますし、僕にも「ちゃんと壱成君と連絡取ったり、一緒に御飯食べてる?」「ちゃんと話、聞いてあげてる?」とか気を遣ってくれます。男は、そういうところはおろそかになりがちなので。

テリー 理子さん、すごいわ。やっぱり太陽だね。

石田 本当に。理子が「この指とまれ」ってしてくれたから、前からあったいろんなピースが今、全部集まったみたいな感じです。

テリー そんないい奥さんを泣かせたら、バチが当たりますよ。これからも大事にしてあげてください。

石田 そうですよね、ありがとうございます。

◆テリーからひと言

 いろいろ誤解されることも多い石田さんだけど、それは正直でまっすぐすぎる性格のせいなんだろうな。政治や家庭のことも真面目に考えてるのがよくわかる。太陽みたいな奥さんと最高の家庭を作ってください。

アサ芸プラス

「石田純一」をもっと詳しく

「石田純一」のニュース

BIGLOBE
トップへ