『ライザのアトリエ』が『アトリエ』シリーズ最高の売り上げ42万本出荷を達成

4月28日(火)18時13分 電ファミニコゲーマー

 コーエーテクモホールディングスは2019年度決算において、売上と利益ともに経営統合以来過去最高となり、かつ、10期連続での増益を達成したことを発表。さらに『ライザのアトリエ』は、アトリエシリーズ過去最高の42万本を出荷を記録したと明らかにした。

 『ライザのアトリエ』はアトリエシリーズの21作目(スピンオフをのぞく)のタイトルだ。アトリエシリーズは数作ごとに世界観や錬金術システムが変化していくが、本作は「不思議シリーズ」に代わる新たなシリーズの一作品目となっている。

 「等身大の少年少女のほんのちょっとの成長」をコンセプト今作は、シナリオライターとして『灼眼のシャナ』で知られるライトノベル作家の高橋弥七郎が参加していて、シナリオにも注目が集まる作品となっている。シリーズ初のフォトモードや洗礼された錬金術デザインは、アトリエシリーズを知らない人にも理解がしやすく、入門に向いている作品だ。

(画像はSteam「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」より)
(画像はSteam「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」より)

 コーエーテクモの今回の発表では、ほかにも『三國志14』が26万本販売、『無双OROCHI3 Ultimate』が累計出荷25万本と、他作品の売り上げも好調であることが発表された。また、2月に発売した『仁王2』をはじめ、アトラスと開発した『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』、スクウェア・エニックスと共同で開発したスマートフォンゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA』などのタイトルが収益に寄与したという。

 古くから続くシリーズも着々と進化を続けながら発展しているコーエーテクモ。これからも、新たなファンを獲得しつつ良いコンテンツを作り続けることに期待したい。

文/tnhr

ライター
tnhr
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan

電ファミニコゲーマー

「過去最高」をもっと詳しく

「過去最高」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ