ミルクボーイ内海 彼女とケジメ婚へ!M-1優勝で“条件”達成

4月28日(火)20時0分 女性自身

お笑いコンビ・ミルクボーイの内海崇(34)が4月27日に、ラジオ『ミルクボーイの煩悩の塊』(ABCラジオ)で交際9年目となる彼女との婚約を発表した。結婚の条件に決めていた“目標”を達成し、反響を呼んでいる。



以前から所属事務所である吉本興業の給与明細が「3カ月連続で30万円を超えたら結婚する」と公言していた内海。今年2月から4月にかけて支給された給与で目標を達成し、「結婚の条件が整いました」と説明。現在はコロナ禍のため「両家の顔合わせや両親へのご挨拶などはできていない」と明かしつつも、「彼女を待たせまくりました」と喜びを見せた。



番組終了後も《この度、9年お付き合いした彼女と婚約させていただきました!》とTwitterで報告。《本当に皆様のおかげでございます! いつも応援ありがとうございます! まだまだ準備ができていなく、入籍しましたら改めてご報告させていただきます! 天王寺区役所で、ももてんちゃんの婚姻届もらいました!》と綴った。



内海のツイートは5万件の「いいね」を記録し、《おめでとうございます》《幸せに!》と祝福の声が寄せられている。18年3月に結婚した相方の駒場孝(34)は《おめでとうございます!》と祝いつつも、《奥さんを泣かすようなことがあれば、その時ばかりはおれが動くよ》と釘を刺した。2人とも既婚者となったミルクボーイだが、妻たちはずっと支え続けていた。



「内海さんの婚約者は、ミルクボーイの単独ライブでも整理番号1番を取るほどの大ファン。内海さんを叱咤しながらも、成功を信じ続けてきたそうです。ボディビルダーでもある駒場さんの妻はフードコーディネーターです。食事面でのサポートはもちろん、ミルクボーイの出演番組を全て録画していると聞きました」(テレビ局関係者)



正式な入籍はまだ先になるという内海だが、すでにコンビを超えた“家族ぐるみ”の付き合いをしていた。内海の婚約者と駒場の妻は、ミルクボーイが10回目の挑戦となる『M-1グランプリ』で優勝したことをきっかけに親しくなったという。今年1月、内海は本誌にこう語っていた。



「僕の彼女と(駒場の妻は)今までは照れくささもあって面識がなかったんですよ。でもM-1も優勝させてもらって仕事も目まぐるしくなったので結束してワンチーム頑張らなあかんなと。それで僕の彼女と駒場の奥さんがLINEを交換して『今度ご飯行こう』とか言うてます」



M-1優勝できっちりケジメをつけた内海。ツッコミにも一段と磨きがかかりそうだ。

女性自身

「ミルクボーイ」をもっと詳しく

「ミルクボーイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ