BEAST中国ファンミーティング大盛況裏に終える

4月27日(月)22時25分 KEJNEWS

【27日=KEJ金善花】グループBEASTが初の中国ファンミーティングを大成功の内に終えた。

25日、中国上海で初の単独ファンミーティング「BEAST in 上海」を開催して、約4000人のファンと出会った。

BEASTがデビュー6年目にして初めて行った中国ファンミーティングでは多くの地域から彼らを一目見ようとファンが集まった。

初めてというだけあって、BEASTはデビュー当時からのヒット曲をはじめとする人気のナンバーを披露した。

14年上半期の代表曲「Good Luck」や華麗なパフォーマンスを見せた「12時30分」「Shadow」「Fiction」「雨が降る日に」などジャンルを問わず様々なステージを披露。約90分間、ファンの歓声は鳴り止まなかった。

またBEASTはファンとの忘れられない思い出を作るためにスペシャルなイベントを行った。ステージの上にファンを招待して、メンバー同士のクイズバトルが繰り広げられて現場を盛り上げた。

BEASTが中国の有名曲をヘッドフォンで聞いて、歌いファンがその曲名を当てられたら成功というゲーム。BEASTは予想できない音楽に当惑してあと、ファンと息を合わせて正解を出そうとして笑いを誘った。

特にヤン・ヨソプは韓国でもよく知られている映画の主題歌、ソン・ドンウンはアン・ジェウクが 歌い大人気の曲「友達」の原曲を中国語で歌い、ファンたちが大合唱し美しいメロディに拍手が起きた。

長い時間が過ぎて、中国のファンと交流する場にきたBEASTとファンは温かい時間を過ごした。

これにBEASTは「こうして初めての中国ファンミーティングを通してみなさんに会えてすごくうれしくて幸せだ。ファンミーティングの新しい面白さでみなさんと近くで共感できていい時間だった」と感想を伝えた。さらに「BEASTがこれからも多様な中国活動をしていく予定だ。今の様にBEASTへの変わらない応援をお願いしたい」とアピールも忘れなかった。

BEASTは今回の上海ファンミーティングで大陸市場進出の第1歩を確認したとして、これからさらに多くの中国圏のファンを対象に活動を広げていく予定。

中国内初の公式単独ファンミーティングが成功に終わったK-POP代表グループのBEASTが中国のファンの心もしっかりつかみ、彼らの人気の高さが確認できた。

一方、BEASTは活発な国内活動を続けることはもちろん、5月にメンバーのチャン・ヒョンスンが電撃ソロデビュー。ヤン・ヨソプ、ヨン・ジュンヒョンに続く3人目のソロ進出となる。

また現在tvNドラマ『ゴハン行こうよ2』に出演中のユン・ドゥジュンはグルメブロガーのク・デヨンを熱演、ドラマファンの好評を得て、BEAST内での演技ドルとしての実力を発揮している。

KEJNEWS

「BEAST」をもっと詳しく

「BEAST」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ