小林幸子の降臨で結婚式もそっちのけ!? 宣伝乙な"ラスボス"がプロレスリングで大暴れ?

4月28日(火)17時0分 おたぽる

小林幸子がプロレスに“乱入”!

写真を拡大

 4月25日、26日に千葉・幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2015」。初日の「超プロレスリング」のブースに、"ラスボス"こと小林幸子が登場し、"ビースト"のボブ・サップを打ち負かすというサプライズが起こった。

 この日、「超プロレスリング」では39歳の一般男性と17歳の一般女性による「超ニコニコ結婚式」が行われていたが、"ゲイ"レスラーの男色ディーノらが乱入し、結婚式を妨害。仕舞いにはボブ・サップまで呼び込み、"ビースト"に羽交い締めにされた新郎から、「結婚を止める」という言葉を引き出そうとする事態にまで陥っていた。

150428_nicocho_sachiko_04.jpg
 そんな中、「いい加減にしろ!」と叫んで登場したのは、セコンドの格好をした元・人気レスラーの佐々木健介。会場のプロレスファンが熱い歓声を上げ始めると、彼の後ろから仮面を付けマントに身を包んだ女性が! 佐々木健介をセコンドにするのだから、"鬼嫁"の愛称で知られる妻・北斗晶ではないのかと、ネットユーザーからも期待が高まる。そんな謎の女性に男色ディーノが「あんた誰?」と食ってかかると、その女性はマントを脱ぎ捨て、仮面を外した。その正体は......なんと歌手の小林幸子!

 ニコ動上で"ラスボス"と親しまれる小林の降臨に、会場からは歓声と拍手が巻き起こる。小林幸子は扇子をジュリアナ東京のお立ち台のダンスを想起させるかのように振りながら、昨年の夏コミで即完売となったことでも知られるボーカロイドのカバー曲「さちさちにしてあげる♪」を歌いだす。そして、手にした扇子で男色ディーノとボブ・サップに華麗な一撃。"試合"は誰もが予想しなかった展開で幕を閉じた。

150428_nicocho_sachiko_03.jpg
 そして、小林幸子がセコンドを務めた佐々木健介に「健介さん、ありがとうございます」とお礼を言うと、「さすがです!」と、佐々木健介。"ラスボス"のステージのあまりの盛り上がりに、会場は「超ニコニコ結婚式」の新郎新婦をそっちのけ(!?)。男色ディーノに邪魔されてできなかった誓いのキスも申しわけない程度に行われ、完全に会場の空気は小林幸子の独壇場だ。

 さらに"ラスボス"の暴走(?)は止まらず、「私、言いたいことがある」と話す小林幸子。なんと、リズムゲーム『太鼓の達人』で「さちさちにしてあげる♪」が配信されるなどの宣伝を始める始末。結局、小林幸子がすべて持っていってしまうというオチだった。......(宣伝乙!!!!!!)。

150428_nicocho_sachiko_02.jpg
 終始ノリノリだった小林幸子だったが、対戦後の会見では「今回のニコ動のイベントに出演してほしいと言われ、内容を聞いたらプロレスだったので(最初は)お断りしました」と意外な事実を明かした。しかし、「いろいろとお話を聞いて、世界が違う方々とコラボすることはないので、これは面白いと思ってやりました」とのこと。衣装も、今回のために作ったそうだ。セクシーな御御足が強調される"ラスボス"の衣装に、佐々木健介も終始デレデレの様子(!?)。

 ニコ動ユーザーからの圧倒的な人気、ボブ・サップを圧倒させる存在感、佐々木健介をデレデレにさせる小林幸子は、やっぱり"ラスボス"だった。
(取材・文/桜井飛鳥)

おたぽる

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ