死亡事故被害者遺族 千野志麻に「一生、憎みます」と告げた

4月28日(月)7時0分 NEWSポストセブン

 長野県・軽井沢——日本有数の別荘地のなかでも、ひと際目立つ1000坪の敷地に立つモダンな二階建ての一軒家。昨年夏に完成し、土地建物合わせて計2億円という、この豪邸は、千野志麻(36才)夫妻の別荘だ。


 千野といえば、昨年1月、静岡県沼津市内のホテル駐車場で、男性(享年38)を自ら運転する車でひいてしまう死亡事故を起こしてしまった。


 その後、自動車運転過失致死容疑で書類送検されていたが、昨年12月、静岡簡易裁判所から罰金100万円の略式命令が下され、即日納付。刑事事件としては、これで“決着”となったようだ。


 千野は、ようやく双子の男児(5才)と長女(3才)の母親として再び前を向き始めたようだ。冒頭の別荘は2011年に土地を購入。建物は昨年6月ごろに完成したという。


「千野さん一家は、ほぼ毎週末、別荘で過ごしているようです。お子さんたちのお友達も招いて、パーティーを開き、から揚げなどを作って、おもてなしをしているようです。 自分がふさぎ込んでいる間、子供たちに心配をかけたので、その恩返しといったところでしょう」(千野の知人)


 だが、男性の親族は、深い悲しみのなかからいまだ抜け出せていない。男性の母親・A子さんが、今の心情を明かしてくれた。 千野は、事故後の月命日には必ず、夫とともにA子さん宅を訪れていた。


「彼女は、ほとんどしゃべらないんですが、“一生かけて償っていきます”と言ってました。だけど、私たちの心の傷は絶対癒されることはありません。だから、はっきり言ったんです。“一生、憎みます”と」(A子さん)


 今年1月2日で事故から1年が経った。A子さんによれば、千野は、1月4日を最後にA子さん宅を訪れていないという。


「お墓のほうには行っているらしいですが、1年過ぎたらここには来ないような状況ですからね。誠意があるとは思いにくいです。私は、裁判を起こそうとは思っていません。ただ…心の償いをしてほしいとだけ思っております」(A子さん)


※女性セブン2014年5月8・15日号

NEWSポストセブン

死亡をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ