林マヤ 富士山麓で自殺考えたがソフトクリームが命救った過去

4月28日(火)7時0分 NEWSポストセブン

“ムロケン”こと喫茶店のスピリチュアルマスター・室井健助さんの霊視相談で、お金を持っていられない性格と指摘された元パリコレモデルの林マヤ。100円、200円という額を大切にすることを助言された。お金には苦労した林だが、今回は2年前から続くトラブルについて相談した。


——林自身、霊的な不思議体験は過去に一度あったという。


林:今でこそ、こういうキャラですけど、モデルとして一時有名になって、勘違いした時期があったんですよね(苦笑)。


 ジャズCDを出したんですけど、売れなくて…、モデルで稼いだお金はすべてすっからかん。借金も作っちゃった。ガスも電気も止められて、ダーリン(夫)と猫缶や猫のカリカリを食べていたんです。


 ポスティングとかお弁当屋さんのバイトをしてたけれど、外に出ると人に笑われてるような気がして、もう生きているのが嫌になっちゃって。私の借金のために仕事をやめてマネジャーになってくれたダーリンにも悪いなって。


 で、富士山の麓に行って、このまま死んでしまおうと思ったんです。で、崖っぷちまで来たとき、ふと隣で運転してくれていたダーリンを見たら、げっそりやせこけていて。


「何か食べさせてあげたかったな」って思ったら、急に風がふいてきて、ソフトクリームののぼりが見えて。


 しかも、1円もなかったはずなのに、小銭が車の中から出てきて、それでソフトクリームを1つ買って、ふたりでなめたんですよ。おいしそうになめてるダーリンを見てたら、「このまま死んではいけないな、やり直さなくちゃいけないな」って思って帰ってきて…(涙する)。今思っても不思議な体験なんですけど。


室井:それは守護霊から、「まだ死ぬな」というメッセージですよね。マヤさんには8人も守護霊がいるんです。


林:じゃあ、2年前から熱中症になったり、昨年泥棒にあったりしたのも、神様からの「生活を変えろ」という警告だったのかしら?


室井:はい、その通り。


林:それでもまだ気づかなかったから、こうして室井さんに会わせてくれたのかもしれないですね!


◆鑑定を終えて——


室井:お金遣いが荒い理由のひとつに、守護霊のひとりに強烈に「金を使う霊」がいるから(苦笑)。でも、節約をすれば、その守護霊はいなくなります。


 それに本来はぼくよりもいい手相をしているし、守護霊も8人いてうらやましいくらいの運勢の持ち主。これからお金を貯めて、もっと自信をつけて、どんどん輝いてほしいですね。


林:人前ではかっこつける自分がいるんですけど、私が迷ってるってことを、わかる人にはわかるんだな、と思いましたね。


 ダメなことを指摘されて悔しかったけれど、考え直すと、「それはそうだよな」と思うこともあって、すごく腑に落ちました。お金貯まるはず、絶対貯めて見返します(笑い)!


※女性セブン2015年5月7日号

NEWSポストセブン

「林マヤ」をもっと詳しく

「林マヤ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ