ジャスティン・ビーバーのプロム出没。生徒らに喜ばれたものの高校側は「けしからん!」

4月28日(火)19時25分 Techinsight

ジャスティン、プロム参加は無許可だった!?(画像はshots.com/justinbieberより)

写真を拡大


先日、モデルらを伴い高校のプロムに潜入。生徒らを大喜びさせたジャスティン・ビーバー(21)だが、高校関係者は彼の無許可でのパーティ参加に憤っている。

ロサンゼルスのチャッツワース高校(Chatsworth High School)が開催したプロムの会場に、なんとジャスティン・ビーバーが出没。本物のジャスティンが来たと知った生徒らは歓喜し、当然パーティは大盛り上がり。その後「最高のプロムになった」「ジャスティン、ありがとう!」なる生徒らの喜びのコメントがSNSに溢れた。

しかしこの突撃訪問も、高校関係者にとっては“腹立たしい侵入行為”に他ならなかった。学校側は会場となった「Jim Henson Studios」にレコーディング中のジャスティンがいると知り、「生徒らが大騒ぎになる」「怪我人が出るかも」と懸念。しかし「プロムには行かないし邪魔もしない」といったジャスティン側の約束を信じてプロムを開催したというが、ジャスティンは強行突破しプロム会場に入ったという。情報筋は、芸能情報サイト『TMZ』にこう話している。

「ジャスティンの関係者が、学校のセキュリティスタッフを押しのけてダンスフロアに乗り込んだのです。」

だがジャスティンの代理人は、「数名の生徒にジャスティンが出会ったんです」「お願いされて会場に入りましたが、誰にも止められませんでした」「生徒たちが大喜びしたのに、ネガティブな報道になって残念」と発表している。「確かに生徒たちは喜びましたが…」と学校側も認めているが、それも怪我人が出なかったからこそ出たコメントか。しかし同年代の高校生たちからは、「スーパースターがプロムに来るなんて羨ましい」という声が噴出中だ。

※画像は、shots.com/justinbieberのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

ジャスティン・ビーバーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ