プリンスのファン騒然 過去のヒット曲で死を予言?

4月28日(木)12時20分 Techinsight

プリンス、30年前の楽曲が話題に(出典:https://www.instagram.com/prince)

写真を拡大


4月21日に、57歳の若さで急逝した歌手プリンス。彼の楽曲『Sometimes It Snows in April』の歌詞が大変な話題になっているが、それは一体どうしてなのか。

1986年のアルバム『パレード』の収録曲『Sometimes It Snows in April』には、以下のような歌詞が含まれている。

「4月に雪が降ることがある。」
「すごく辛いと感じることもあるさ。」
「命に終わりがなければいい。そう願うこともあるんだ。」
「そして人はこう言うのさ。素晴らしいことは、決して続かないと。」

4月に、あまりにも突然この世を去ったプリンス。それだけにファンの間からは「まるで4月に他界することを予期していたようだ」という声が噴出。楽曲が発表されたのは今から30年も前のことだが、「4月に何か“良からぬこと”が起きる」とプリンスは薄々気づいていたのかもしれない。

出典:https://www.instagram.com/prince
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

Techinsight

プリンスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ